いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

12.甲状腺がん

甲状腺がんが疑われたら甲状腺の専門医へ~甲状腺がんの病院探し

更新日:

甲状腺がんが疑われたら甲状腺の専門医へ

人間ドックや地域の集団検診を受ける人も増え、小さな首の腫れが見つかり、軽症の状態で甲状腺の病気が発見されるケースが増えています。

しかし、甲状腺疾患は、症状がわかりにくく、見のがされてしまう場合も多い病気です。

どことなく疲れやすい、もの忘れをする、うつぎみ、といった症状で、心療内科や精神科を受診するケースや、一般の内科を受診し、糖尿病や心臓病、肝臓病、婦人病などと間違われ、原因が甲状腺にあることに長い間気づかないまま、間違った治療を受けてしまうようなケースなどが多い病気なのです。

甲状腺の病気が疑われ、病院に行く場合は、経験のある甲状腺専門の医師を受診するようにしましょう。人間ドックや集団検診で甲状腺の異常が発見された場合は、専門医への紹介状を書いてもらえます。

また、甲状腺疾患だけを対象にするクリニックや病院もあります。甲状腺専門の医療機関ですので、ベテランの専門医の診断・治療が受けられます。

甲状腺の専門医は、全国的に見てもけっして多くなく、近くに適当な医師がいない場合は、インターネットの病院情報なども活用し、通いやすいところを探しましょう。信頼できる「かかりつけ医」がいる人は、相談して専門医を紹介してもらうのも手段の1つです。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


甲状腺専門医や専門医がいる医療施設をみつけるには

甲状腺の病気が疑われ、医療機関に行く場合には、経験豊富な甲状腺専門医のいる病院を受診することが大切です。しかし、通院が大変なほど遠く離れた病院では通いきれません。通院可能な距離で、信頼のおける医師、医療機関を探したい、そんなときには、日本甲状腺学会のホームページを活用しましょう。

日本甲状腺学会のホームページには、会員や医師、医療関係者へのさまざまな情報提供だけでなく、一般の人のためのぺージも用意されていて、そこには、全国の認定専門医施設と認定専門医の名簿が、都道府県ごとに閲覧できるようになっています。

甲状腺の病気への対処は専門性が必要

甲状腺の病気は、肉体面だけでなく精神面にも影響があらわれてくることが多く、診断・治療にあたる医師には、専門的な知識や経験が求められます。

また治療には、内科と外科の両面から考えていく必要があります。診察の場合でも、甲状腺疾患の患者さんを専門医がみると、診察室に入ってきたときの顔色や、歩き方、声の調子などで、かなりの部分が判断できます。

また、経験を積んだ医師は、首の腫れをさわる(触診)だけでも、さらに多くの情報を得ることができます。検査の数値結果を読む場合も、専門家としての技量や熟練度が必要となります。

甲状腺の専門医は、さまざまな臨床経験を重ねることで、確かな診断や治療ができるようになります。

内分泌系の病気は慢性疾患ですので、ときには10年、20年と長い経緯をたどる場合が少なくありません。1人の医師が長期間にわたって経過を観察し、患者さんと話し合い、一緒に考えながら治療にあたることが大切です。患者さんも信頼できる医師のもとで、安心して気長に治療を受けるのが最良の方法だとえいます。

以上、甲状腺がんの治療についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-12.甲状腺がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.