08.子宮頸がん

子宮頸がんの手術後(退院後)、日常生活で気をつけたいこと

更新日:

子宮頸がんの手術後、日常生活

手術して退院した後1カ月程度は、重い荷物の上げ下ろしや背伸びをして行う作業など、腹圧がかかるような動作を避けましょう。腹圧によって、腹壁ヘルニアを起こしたり、リンパ浮腫を悪化させることがあります。

腹壁ヘルニアは、手術で縫い合わせた左右の腹筋が開いて、腸が飛び出す状態のことで、たいてい横になっておなかの上から腸をなでれば元に戻ります。

予防のためには、退院後1カ月は腹帯やガードル、ボディスーツなどで腹筋を抑えるとよいでしょう。ただし、リンパ節を切除した場合は、リンパの流れを阻害しないよう、腹帯を使用しましょう。

職場復帰後約3カ月は作業内容や通勤時間を調整

職場復帰後、電車やバスなどで移動する際は、座れる時間帯に利用しましょう。立っていると、揺れたときに踏ん張るため、腹筋に力が入ってしまいます。復帰後約3カ月は、通勤時間や腹圧がかかるような作業を調整してもらうなど、職場と相談してみましょう。

ヘルニアによる腸閉塞に注意

腹壁ヘルニアは、多くの場合、おなかの力を抜くことで自然に元に戻ります。しかし、ヘルニアの穴が小さいと、腸が締め付けられて血行が悪くなり、腸閉塞を起こすことがあります。

この場合、緊急手術により血行が悪くなった部分を切除したうえで、修復手術を行います。また、手術を行っても、再発する場合もあります。急な激しい腹痛や吐き気、嘔吐などの症状が現れたときは、すぐに受診しましょう。

腹圧がかかる動作に注意

・買い物での重い荷物

重い荷物を持って歩くのは、リンパ浮腫の悪化につながる

・布団の上げ下ろし

重いものを持ち上げるときや下ろすときに腹筋に力がかかる

・浴室の清掃

前のめりで行う作業も腹筋に力が入る

・高いところに洗濯物を干す

背伸びをするときに腹筋を使う

・電車やバスで立っている

揺れたときに踏ん張って腹筋を使ってしまう

・中腰でものを取る

中腰の状態も腹筋を使う

以上、子宮頸がん手術後の日常生活についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-08.子宮頸がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.