18.卵巣がん

子宮や卵巣の手術でリンパ節を切除することで起きるリンパ浮腫

更新日:

na-su84343
子宮がんや卵巣がんで、リンパ節を切除する手術や放射線治療を行うと、リンパ管やリンパ節がダメージを受けて、足から心臓に戻るリンパ液の流れに障害が起きやすくなります。

リンパ管はひと言で言うと、体の老廃物を運ぶ「排水管」の役割を果たしています。このリンパ管の働きが障害されると、皮膚組織に体液がたまり、むくみが起こります。これが下肢の「リンパ浮腫」です。

リンパ浮腫は、生命にはかかわりませんが、放置しておくと日常生活に著しく支障をきたしたり、細菌感染などによる合併症の危険があります。

痛みのないむくみがリンパ浮腫の症状

リンパ浮腫の主な症状はむくみです。子宮がんや卵巣がんなどの手術でリンパ節が切除または破壊された場合は、切除された側の脚だけが健康な側よりやや白っぽくむくんできます。

多くの場合、痛みはありませんが、感覚が鈍ったような違和感、重くだるい感じなどの不快感や苦痛を伴います。また、外見の変化に強いストレスを感じて、うつ状態になる場合もあります。

油断大敵なリンパ浮腫

リンパ浮腫の初期の症状はむくみが主なものです。痛みやかゆみなどがないので、靴が履きにくくなったり、靴下のゴムの跡が皮膚に残ったりして気がつくまで、自分で気がつかないことが多いのです。

早めに対処すればひくこともありますが、放置すると数日で急激に進むこともあります。油断がいちばんの大敵なので、脚の状態を1日1度チェックしましょう。

リンパ浮腫の重症度分類

・ステージ0~Ⅰ

手術の直後で、わずかに浮腫を感じるが、ひと晩寝ると翌朝に消える

・ステージⅡ

むくんでいる部分を押すと、凹んだまま戻らない。晩期には皮膚が硬くなることがある

・ステージⅢ

皮膚が硬くなり変形し、象皮病とも呼ばれるイボなどの合併症を発症することがある

■リンパ浮腫の広がり方

①浮腫は初期には鼠径周辺、とくに太もも内側、下腹、外陰、太もも外側に見られる
②下方に向かい、太もも(とくにひざ上内側)に目立つようになる
③さらに下方に向かい、ふくらはぎが腫れる
④最終的に足首、足部に及ぶ

以上、リンパ浮腫についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-18.卵巣がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.