いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

11.腎臓がん

腎臓がんの症状と検査・診断

更新日:

腎臓がんの症状と検査・診断


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


腎臓がんの症状

腎臓がんを告知された人の約50%が無症状であり、画像診断で偶然発見されることが多いのが現状です。

そのため腎臓がんを疑って早期で発見される例は少なく、進行した状態で発見されることのほうが多いがんです。進行している場合は発熱、体重減少、食思不振などの症状が現れます。

また、転移があると骨の場合は痛み、肺の場合は咳など、転移した箇所特有の症状が現れることがあります。

腎臓がんの疑い

・腎臓がんのスクリーニング

腎臓がんを発見するためだけの検診はほぼ行われていませんが、何らかの症状がある場合に腹部超音波検査を行うことで腎臓がんの疑いが分かることがあります。その他、腎臓がんのリスク要因として注意すべきなのは透析を受けている人、結節性硬化症、腎臓がんの家族歴がある人などです。

・腎臓がんが疑われた場合

腎臓に腫瘍があると分かった場合、まずは腎臓がんか否かの診断が問題となります。腎臓がんなのか、それとも腎盂がんなどのほかの悪性腫瘍、血管筋脂肪腫などの良性腫瘍などかという判断をする必要があります。

腎臓がんかどうか調べるための検査

1.超音波検査=安全性、正確さ、簡便性、低コストの点で優れ、必須とされています。

2.コンピューター断層撮影(CT)(単純+造影)=腎臓の腫瘍に対しては最も診断価値が高いとされており、検査の中心です。肺などへの転移がないかも確認でいます。

3.MRI=腎臓に存在する腫瘍に関して良・悪性の鑑別などに必要です。腎静脈、下大静脈浸潤の評価にも用いられます。

4.針生検=かつては、臨床的な有用性の低さと腫瘍播種(針を刺すことでがんが広がること)に対する懸念から行われることが少なかったですが、サイズの小さい腎臓腫瘍の増加などに伴い、針生検の価値が見直されています。

針生検が検討されるのは、腎腫瘍焼灼術や、全身薬物療法を行う前に組織学的診断が必要な場合、または、腎臓の腫瘤に対して経過観察を検討する場合などです。基本的に、手術の対象例では生検は適応となりません。生検を行っても、10~20%は確定診断に至らないためです。

以上、腎臓がんの検査についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-11.腎臓がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.