いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

11.腎臓がん

腎臓がんと似ている良性の腎臓腫瘍とは

更新日:

hospi77422

腎臓がんの検査では針生検をして細胞を採取することをしません。そのため、画像の様子から腎臓がんかどうかを判別することが基本ですが、手術してからはじめて判別されることもあります。

腎臓がんと似ている良性の腎臓腫瘍

1)単純性腎嚢胞
・50歳以上の約50%に認められるとされている。

2)皮質線腫
・組織学的にがんとの鑑別は困難。

3)後腎性線腫
・腫瘍の平均的な大きさは5.5cm。
・術前診断は困難。

4)オンコサイトーマ(oncocytoma)
・画像診断、臨床像とも腎細胞がん(特に嫌色素性)との鑑別は困難。
・経皮的針生検も鑑別上の意義は少ない。
・腎細胞がんとの合併も少なくないので、外科的切除が基本となる。

5)血管筋脂肪腫
・50~60歳代の女性に多い。思春期前には、ほとんどみられない。
・結節性硬化症に伴うものが20%で、多発、両側性が多い。
・鑑別診断
CTで脂肪成分が少量でも認められれば、AMLの可能性が高い。
14%ではCTで脂肪成分がみられず、脂肪成分が少ない。AMLの診断は困難である場合が少なくない。
腎細胞がんと異なり、MRI(またはCT)で偽被膜がないことが、診断の一助になる。
・AMLからの後腹膜出血。
4cm以上では出血のリスクが高い。
軽症:貧血、高血圧。
重症:10%、側腹部痛、血尿、腫瘤触知、出血性ショック。適切に対応しないと致命的になる場合がある。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-11.腎臓がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.