いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

24.放射線治療

脳転移に使われるガンマナイフ・サイバーナイフ・ノバリス

更新日:

ノバリス

ノバリス

肺がん、乳がん、大腸がんなどは特に脳に転移することがあります。

脳に転移すると、いわゆるステージ4の状態になりますが「ガンマナイフ」「サイバーナイフ」「ノバリス」などで対処できれば脳転移に関する症状を長く抑えられる可能性がでてきます。

脳に転移するリスクのあるがんにかかった人は、半年に一度くらいのペースでCT検査を受け、転移巣があまり大きくならないうちに治療することが大切です。がんが脳に転移すると、ものがぼやけたり二重に見えたりする「視覚障害」、手がふるえたり腕が麻痺したりする「行動傷害」、もの忘れをする「記憶障害」がおこり、人柄が変わる「人格障害」がおきることもあります。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


ガンマナイフ

ガンマナイフは201本のガンマ線を脳転移の箇所に照射し、ナイフで切りとったようにがんをとりのぞきます。しかし1本1本の線は弱いので、脳のほかの箇所に影響することはありません。ただしガンマナイフを使用するには、がんの直径が3センチ以下で、3個以内であることが望ましいとされています。

脳転移があまり大きくなったり、数が多くなったりすると、線量が多くなりすぎて問題がおこります。ガンマナイフはがんを0.1ミリの誤差で照射できますが、正確にコントロールするため、局所麻酔をかけて患者の頭を金属のフレームで固定します。

照射はいちどだけで、がんが消えるまでに半年近くかかることもありますが、さまざまな障害は早々と解消します。ガンマナイフは脳に新しい転移巣ができたときにも、再使用することができます。

サイバーナイフ

サイバーナイフはIMRTを極限まで小型化した機器で、「人工知能のナイフ」とも呼ばれます。

ガンマナイフとちがって頭を金属性の固定具で固定する必要がなく、プラスチック製のメッシュ状の固定具を使用することが特徴です。治療では、六軸のロボットアームの先にとりつけた超小型のリニアックが、2台のX線透視用のカメラで操作されます。誤差は2ミリ以下とガンマナイフより劣りますが、からだの1センチ以内の動きなら、コンピュータが瞬間的に補正して照射し続けます。

サイバーナイフは3センチをこえる脳転移や、頭頸部のがんの治療に使われてきましたが、新型の「サイバーナイフⅡ」が導入されてから治療範囲が広がりました。脊髄、肺、肝臓、腎臓、前立腺のがんばかりか、すい臓がんにまで適用されています。治療回数は1回から数回におよびますが、通院で治療できることがメリットです。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


ノバリス

ノバリスでは、ネコの目のように動くと表現される「マイクロマルチリーフコリメータ」が放射線のビームを瞬間的に変化させ、がんのかたちにあわせたり、強さを調節したりします。だから、正常細胞にたいする被害は最小限に抑えられます。3センチ以上の脳転移と脳腫瘍や頭頸部のがんのほか、肺がんや肝臓がんにも使用されます。

以上、放射線治療についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-24.放射線治療
-, , ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.