いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

03.胃がん

胃がんの検査の流れと胃がんと診断されるまで

更新日:

胃がんの検査の流れ

日本では胃がんの発症率が高いため、自治体や企業が胃がんの検診(スクリーニング検査)を行っています。

スクリーニングでは、一般的には胃の造影X線検査を行います。これは、受診者がバリウムと発泡剤を飲んでから胃をX線で撮影するものです。これにより、胃の内部の形状や粘膜表面の状態をかなり細かく見ることができます。

この他、新しいスクリーニング検査として、血液中のペプシノーゲンという物質の量を調べることもあります。胃が分泌する物質ペプシノーゲンは、胃の粘膜が萎縮すると分泌量が減っていきます。

萎縮した粘膜からはがんが発生しやすいため、血液中のペプシノーゲンの減少は、胃がんの危険性が高い状態とみなすことができます。ただしこの手法では、悪性度の高い「スキルス」と呼ばれるがんを発見することはできず、また進行がんを見逃すこともあります。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


胃がんの疑いがある人には内視鏡検査を行う

スクリーニング検査で異常が見つかった人や、胃に不快感や痛みなどの症状がある人に対しては内視鏡検査を行います。内視鏡はいわゆる胃カメラであり、細いファイバースコープを鼻か口から胃まで通し、胃壁を観察します。このとき、病変部を採取して、顕微鏡で調べることもあります(生検)。

がんの確定診断が下された場合、X線CT、腹部の超音波診断などを行います。これらの検査により、がんの広がりや他の臓器やリンパ節などへの転移の有無がわかります。さらに組織の内部まで観察できる超音波内視鏡を使って、がんが胃の内壁のどこまで深く達しているかも調べます。

腹膜に転移しているかどうかを調べるために、バリウムを大腸に入れる「注腸検査」を行うこともあります。これは本来は大腸の検査ですが、胃がんの腹膜転移によって大腸が変形することから、胃がん検査の際にも利用されるようになりました。

以上、胃がんの検査についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-03.胃がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.