がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

03.胃がん

胃がんの検査の流れと胃がんと診断されるまで

更新日:

胃がんの検査の流れ

日本では胃がんの発症率が高いため、自治体や企業が胃がんの検診(スクリーニング検査)を行っています。

スクリーニングでは、一般的には胃の造影X線検査を行います。これは、受診者がバリウムと発泡剤を飲んでから胃をX線で撮影するものです。これにより、胃の内部の形状や粘膜表面の状態をかなり細かく見ることができます。

この他、新しいスクリーニング検査として、血液中のペプシノーゲンという物質の量を調べることもあります。胃が分泌する物質ペプシノーゲンは、胃の粘膜が萎縮すると分泌量が減っていきます。

萎縮した粘膜からはがんが発生しやすいため、血液中のペプシノーゲンの減少は、胃がんの危険性が高い状態とみなすことができます。ただしこの手法では、悪性度の高い「スキルス」と呼ばれるがんを発見することはできず、また進行がんを見逃すこともあります。

■胃がんの疑いがある人には内視鏡検査を行う

スクリーニング検査で異常が見つかった人や、胃に不快感や痛みなどの症状がある人に対しては内視鏡検査を行います。内視鏡はいわゆる胃カメラであり、細いファイバースコープを鼻か口から胃まで通し、胃壁を観察します。このとき、病変部を採取して、顕微鏡で調べることもあります(生検)。

がんの確定診断が下された場合、X線CT、腹部の超音波診断などを行います。これらの検査により、がんの広がりや他の臓器やリンパ節などへの転移の有無がわかります。さらに組織の内部まで観察できる超音波内視鏡を使って、がんが胃の内壁のどこまで深く達しているかも調べます。

腹膜に転移しているかどうかを調べるために、バリウムを大腸に入れる「注腸検査」を行うこともあります。これは本来は大腸の検査ですが、胃がんの腹膜転移によって大腸が変形することから、胃がん検査の際にも利用されるようになりました。

以上、胃がんの検査についての解説でした。

胃がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

たった1つの条件とは

本村ユウジ
あなたが、がんに勝てるように。お手伝いができます

お金、苦痛のない日常、人生、命。

大切なものを守るためには、絶対に欠かせない条件が「1つだけ」あります。

5分で読めるページです。答え合わせしませんか?

→ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「誰が本当のことを言っているのか分からない」

矛盾だらけのがん治療。

本当のことを知るために、書籍を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

医者には書けないガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読めば、「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

「もう耐えられない。告知される前の人生に戻りたい」 これは私が実際に聞いた、乳がん闘病中の女性の言葉です。 絶え間ない再発への不安。 苦痛をともなう手術、抗がん ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-03.胃がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.