がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

03.胃がん

胃がんの治療はガイドラインに基づいて行われる

更新日:

胃がん治療ガイドライン

かつては胃がんが発見されたときには、とにかく胃の大部分を切除することがほとんど常識となっていました。

しかし胃を大きく切り取ると、さまざまな後遺症が現れます。たとえば、胃の出口の幽門を切除すると食物がいっきに小腸に入るため、血糖値が急激に上昇したり下降したりします。(ダンピングといいます)

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

また胃の入口の噴門を切除すれば、今度は胃の内部に入った食物が食道に逆流し、食道に炎症を起こすことがあります。さらに、胃の上部は胃液を分泌しているので、そこを切除してしまうと、消化が不十分になったり、必要な栄養分が取れなくなったりします。

これを避けるために近年は、初期のがんに対しては切除部分をなるべく少なくします(縮小手術)。また胃の出口側を切除する場合も、小腸に食物を徐々に送り込むはたらきをもっている幽門を残す手術法が増えています。

またがんがごく初期の段階には、内視鏡で粘膜を切除するだけの簡単な治療も可能です。しかし、縮小手術や内視鏡手術が一般的になってきたものの、実際にがんがどのくらい進行しているときにこれらの治療を適用すべきかの基準は、医療施設によってばらばらでした。

そのため、なかには、がんの切除が不十分だったために早期に再発したり、逆に不必要に広い範囲を切除され、大きな後遺症を負う患者もいました。そこで、日本胃癌学会は、可能なかぎり科学的な証拠に基づく胃がん治療のガイドラインを作成しました。

これは、すべての胃がん患者が、日本のどの医療施設でも、現時点で患者の状態に最適な治療を受けられるようにすることが目的です。とはいえ、どんな治療にも副作用や手術の合併症、後遺症などが生じ得ます。

ガイドライン通りの治療でもそれ以外の治療でも、患者やその家族は、医師に十分な説明を受けたうえで治療を受けるべきか、別の治療にすべきかを決断しなくてはなりません。

胃がんの治療法は具体的にどのように決まるのか

がんは進行度で病期(ステージ)が決められます。

胃がんの病期は、がんの探達度、まわりのリンパ節や遠く離れた臓器への転移の有無によって、進行度の低い順に1~4期に大別されます。深達度というのは、胃壁のどこまでがんが食い込んでいるかということです。

胃壁は胃の内側から粘膜、粘膜下層、筋層、漿膜下層、漿膜の5層構造になっています。リンパ節転移や遠隔転移がなかったとして、がんが粘膜下層までにとどまっていれば1期、漿膜を突き破って隣の臓器にまで広がっていれば3期、といった具合に判定されます。

一方、リンパ節転移が多ければ進行度が上がり、肺や肝臓などほかの臓器に転移していれば4期、末期のがんとされます。胃がんはその進行度によって治療法も変わります。

早期であれば内視鏡手術や腹腔鏡手術、切除しても縮小手術(胃を3分の1程度切除)で済みますが、進行するにつれて、胃の全摘手術、さらには胃とまわりの臓器をまとめて摘出する拡大手術と、切除する範囲が大きくなります。

それに伴って体へのダメージが増え、合併症や後遺症が起こりやすくなります。進行がんでは、手術に加えて抗がん剤による化学療法も行われます。転移のリスクが大きく、体内に散らばったと推定されるがん細胞を叩いておくためです。

以上、胃がん治療についての解説でした。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-03.胃がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.