03.胃がん

胃がん検査「レントゲン」と内視鏡検査

更新日:

胃がん検査内視鏡検査

胃にがんがあるかどうかを調べる検査には、主に、X線を使って消化管の上のほうを撮影する「レントゲン検査」と、口から高性能の小型カメラを入れ、胃の内部の様子をモニターで見る「内視鏡検査」の2種類があります。

レントゲン検査(胃透視)は、発泡剤によって胃を膨らませ、造影剤のバリウムを飲んで消化管の上部を撮影するものです。集団検診では、胃に異常があるかどうかを見るために、内視鏡検査より先にこの検査が行われることがほとんどですが、がんについては、ごく小さいものは見逃すことも多いのが実情です。

さらに胃の上部や前壁(胃のお腹に近いほうの壁)は大きな病変でも見落とされることがあります。また、レントゲン検査では、形状が分かるのみでがんとほかの病気との質的な違いをはっきり見分けることができません。そのため、がんがあるかどうかを調べるためには、レントゲン検査を受けるより、はじめから内視鏡検査を受けたほうが圧倒的に確実です。

現在は内視鏡検査が主流

最近では、レントゲン検査をやらずに、最初から精度のよい内視鏡検査を実施するところも増えています。内視鏡検査では、胃の中をリアルタイムに見ることができるだけではなく、がんと見られるところの組織の一部を取ることもできます。

この内視鏡検査と、組織の一部を顕微鏡で見てがんかどうかを見る「生検」とを組み合わせることで、がんかどうかを確実に診断することができるのです。ほかにも、ペプシノゲン検査といって、血液検査で萎縮性胃炎が起こっているかを調べる方法があります。

特に、慢性的な胃炎が続いている人については、胃の粘膜が縮んだ状態になる萎縮性胃炎になりやすく、その状態の人に胃がんが多いといわれているので、血液検査でまずは萎縮性胃炎があるかどうか確認するということが行われます。ペプシノゲン検査を行い、そこで異常が発見されると内視鏡検査でがんがあるかどうかを調べる病院もまだ多いようです。

この検査は、血液を少し取るだけで、レントゲン検査よりも精度がよく被曝の心配もありませんが、やはり、この検査だけでは、内視鏡検査の精度には遠く及ばず、早期のがんを見逃す危険性があります。内視鏡検査の難点は、ほかの検査に比べると費用がかかることです。

それでも、進行した段階で見つかって開腹手術を受けなければならなくなったり、命を落としたりする危険を減らすためのものだと思えば価値のあるものだといえます。

以上、胃がんについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-03.胃がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.