17.膵臓がん

すい臓がんと糖尿病

更新日:

すい臓がんと糖尿病

すい臓は胃の後ろにある20cmほどの臓器で、消化液と血糖を調整するホルモンを分泌しています。

すい臓がんは非常に発見困難で、見つかったときには手遅れであることも少なくありません。体の真ん中にあり、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓などの臓器に囲まれているうえ、内視鏡などの検査機器も入る場所ではないことから、早期にがんを発見する方法が確立されていません。

日本では、毎年、約2万人以上の人がすい臓がんで亡くなっています。良性の腫瘍からがんになることもありますが、ほとんどの場合、ミリ単位の大きさのときから悪性度の高いがんとして発生し、進行が早いのが特徴です。

早期発見のための検査としては、間接的にすい臓を見る方法しかなく、超音波、CT、MRIなどを用いますが、超音波ではすい臓の一部分が胃や腸のガスによって見えないという欠点があり、どうしてもCTスキャンやMRIが必要です。

最近はコンピュータで三次元の画像を映し出す「ヘリカルCT」、胆管やすい管の画像を撮影できる「MRCP」という検査法が出てきたことによって、多少、早い段階で見つけることができるようにはなりましたが、依然として早期発見は難しいといえます。

また、すい臓がんは糖尿病と非常に関係が深いことは、あまり知られていません。すい臓がんの人のおよそ半分は糖尿病の患者なのですが、糖尿病治療の専門家である内分泌科の医師は、消化器については専門外のため、意外とこの事実を知らないことがあり、すい臓のことをおろそかにする傾向があります。

糖尿病は、血糖を調整する役割を果たすインシュリンという物質の分泌が減ってしまう病気ですが、糖尿病だから仕方がないと思って放っておくと、実は、すい臓がんが進行していることがあります。すい臓がんでもインシュリンの減少という症状が出ますが、糖尿病の患者の場合は、もともとインシュリンの分泌が減っているので気付きにくいのです。

糖尿病でインシュリンが減ったことによってがんになったのか、すい臓がんでインシュリンが減ったことによって糖尿病を併発したのかは分かっていませんが、糖尿病の患者にすい臓がんが多いことは確かですから、糖尿病の人は必ずすい臓がんの検査もするべきだといえます。

糖尿病で病院にずっとかかっていたのに、気がついたらすい臓がんで、もはや手遅れだったというケースが少なからずあります。

以上、膵臓がんについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-17.膵臓がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.