「28.がんと栄養成分」 一覧

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

癌患者さんが、ビタミンを食事から効率的に摂るには

2018/10/7  

ビタミンを多く含む食品 ビタミンはそれぞれの種類によって、入っている食べ物が違います。ビタミンとミネラルという、どちらかといえばあまり量をたくさん必要としない栄 ...

骨粗しょう症に効果のあるビタミンとは

2018/10/7  

年を取ると色々な病気が起こりやすくなります。その中でも、恐いのが骨粗鬆症といわれる病気です。 骨や歯には、カルシウムとリン酸が結合したものがたくさん含まれていま ...

ビタミンCは本当にがんに効果があるのか?

2018/10/7  

「がんの治療にビタミンCが有効だ」ということが宣伝されはじめたのは、1970年代の頃です。 その頃、ある病院で実際に、1日に10グラム以上のビタミンCを投与して ...

ビタミンは摂りすぎても大丈夫?過剰症と安全性

2018/10/7  

ビタミンは過剰摂取するとどうなる? ビタミンの中には余分にたくさん取っても、体に貯まらないで直ぐに尿に排泄されてしまうものもありますし、なかなか排泄されないで体 ...

ビタミンの薬理作用と生理作用

2018/10/7  

ビタミンは薬として使えるのか? ビタミンの体の中での働きは生理作用といいます。 ビタミンB群の働きは酵素の働きを助ける補酵素の作用ですが、こうした働きが代表的な ...

ビタミンB群の働きと効果

2018/10/7  

ビタミンB1のような水溶性ビタミンは、1つの例外(ビタミンC)を除き、すべてB群ビタミンと呼ばれています。それは、この仲間のビタミンがいずれも水溶性で、体の中の ...

ビタミンEと癌(がん)~活性酸素を防ぐ~

2018/10/7  

ビタミンEとαトコフェロール ビタミンEは最初、動物の不妊症や流産を防ぐビタミンとして発見されました。 その後の研究で、天然には8種類のビタミンEが見付かってい ...

ビタミンDの作用と癌(がん)との関係

2018/10/7  

ビタミンDと骨の成長 ビタミンDはその必要な量がビタミンAの約10分の1以下で十分です。ビタミンAの成人男子1日の栄養所要量は6OOから750マイクログラム(1 ...

ビタミンAの効果は?欠乏するとどうなる?

2018/10/7  

ビタミンAは大きく分けて2つの働きを持っています。 1つはものを見るという視覚作用に関係しています。もう1つは正常な発育と生殖機能の維持、外部からの病原菌などの ...

がんとビタミンAの関係。βカロテンもビタミンAになります。

2018/10/7  

ビタミンAとは? ビタミンAは脂溶性のビタミンです。脂溶性なので油脂を含む食材と一緒にとると吸収しやすいのが特徴です。 動物性たんぱく質に含まれるレチノールと、 ...

がんと食物繊維の関係。大腸・直腸のがん予防に重要。

2018/10/7  

食物繊維とは? 食物繊維は、1970年頃までは「何の栄養も機能もない、意味のないもの」とされてきました。しかし様々な研究により、人間の腸内環境に大きく関わること ...

がんとセレンの関係。通常の食事だけで必要なぶんは補える。

2018/10/7  

セレンとは? セレンはセレニウムともいい、人間の体内には10mgほどしか含まれていないミネラルです。農作物を作る土壌に含まれますが、日本の土壌はセレンが豊富です ...

がんと亜鉛の関係。必須だが過剰摂取には注意。

2018/10/7  

亜鉛とは? 亜鉛は細胞や組織の代謝に欠かせない酵素(200種類以上)の必須成分で細胞が正常に働くために活用されます。 DNAやたんぱく質の合成に関わるなど重要な ...

がんと鉄分の関係。鉄分を減らせばがんによい?

2018/10/7  

鉄分とは? 血液中の鉄は赤血球の成分として肺でとり込んだ酸素を体内にくまなく送り届ける役割があります。 筋肉や細胞にある鉄は血液中の酸素をとり込みエネルギーを燃 ...

がんとマグネシウムの関係。特に男性の大腸がんに。

2018/10/7  

マグネシウムとは? マグネシウムは酵素の活性化や筋肉の収縮に関与するミネラルです。人間の体内においては骨や筋肉に多く含まれるミネラルです。 体内に含まれる量はさ ...

がんとカリウムの関係。カリウムの摂取効果とは?

2018/10/7  

カリウムとは? 人間の体には体重の約0.2%のカリウムが存在しています。 カリウムはナトリウムと密接な関係にあるミネラルです。日本人はナトリウムが過剰摂取しやす ...

がんとカルシウムの関係。カルシウムの効果とは

2018/10/7  

カルシウムとは? 体内にもっとも多く存在するミネラルで、その量は成人で約1kgといわれています。そのうち約99%は骨や歯として存在し、残りの約1%は血液や筋肉、 ...

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.