がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

28.がんと栄養成分

ビタミンDの作用と癌(がん)との関係

更新日:

癌とビタミンD

ビタミンDと骨の成長

ビタミンDはその必要な量がビタミンAの約10分の1以下で十分です。ビタミンAの成人男子1日の栄養所要量は6OOから750マイクログラム(1マイクログラムは1グラムの100万分の1)です。1ミリグラムよりも少し少ない量になります。

それに対してビタミンDの栄養所要量は年齢で違いますが、子供で(成人より成長の盛んな子供の方が余計に必要)10マイクログラムです。耳かき1杯もありません。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

このビタミンDは発見の当初から、欠乏すると骨の成長や発育が悪くなり、子供では「くる病」に、大人では骨軟化症になることがわかっていました。つまり、骨や歯の発育に必要なビタミンだということです。

以前はどのようにしてビタミンDがカルシウムやリン酸を骨や歯に運んでいくのか、どのようにして食べ物のカルシウムを吸収するのに効果を示すのか分かりませんでした。しかし、いずれにしても、ビタミンDが不足すれば、骨がきちんとできないことだけが知られていたのです。

特に、ヨーロッパの北の地方やアメリカ大陸の北部では、冬、日光に恵まれないために、昔からくる病にかかる子供が多かったのです。今では、日光の中の紫外線が皮膚でビタミンDを作るので、日光浴がくる病の予防に大切なことはよく知れ渡っています。

このビタミンDには2種類あって、D2、D3と呼ばれます。人では、D2とD3のどちらもほぼ同じ強さの働きをしています。しかし、ニワトリなどの鳥類ではD2は殆ど効果がありません。

ビタミンD2は植物起源のビタミンDで、シイタケにかなり含まれています。ビタミンD3は動物起源のもので、人の皮膚の表面に紫外線が当たってもできますし、魚などにもたくさん含んでいるものがあります。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


活性型ビタミンDのはたらき

ビタミンDは最初は肝臓で、次いで腎臓で少しずつ変化させられて、活性型ビタミンDというものに作りかえられます(1,25ジヒドロキシビタミンDと呼ばれる)。

この活性型ビタミンDが小腸で食べ物からカルシウムを吸収するのを助け、次いで血液でのカルシウムや、リン酸の体の中での輸送や、骨へ運び込んで骨の石灰化(カルシウムやリン酸を取り込んで骨を作ること)を行っていることがわかりました。

また、食べ物からのカルシウムの供給が不足すると、骨からカルシウムを溶かし出して、カルシウムを必要としている臓器に運び出します。骨は体の骨格を作っているという役目ももっていますが、いわば、カルシウムの貯蔵場所としての機能もしていることになります。

ですから、ビタミンDの供給が不足すれば、くる病になりますし、食べ物のカルシウム吸収や利用効率も悪くなります。もちろん、カルシウム自身が不足すれば、骨が弱くなり、骨折し易くなることはいうまでもありません。

だから、骨の健康のためには、カルシウムの摂取と同時にビタミンDの供給、日光浴も大切なことになります。この他に、食べ物の中のカルシウムとリンの割合も大切なことはいうまでもありません。大体2対1から1対2位の範囲が望ましいといわれています。

現在、日本ではくる病の子供はいませんが、骨の弱い子供は増えてきています。子供達の好きな食品ではカルシウムが少な目で、リンの方が多目になっています。

しかも、昔の子供時代と違って、外で子供同士で遊ぶ習慣が少なくなり、家や塾で勉強したり、ゲームをしたりといった時間が長くなっています。このことも、日光不足によるビタミンD不足からくるカルシウム不足を招いている原因の1つに挙げられています。

この他に、運動不足も骨を支える筋肉の発達を抑えるので、骨自身も弱くなっているといえます。

大人では腎臓の病気で透析を受けている人が増えていますが、これらの人もビタミンDから活性型ビタミンDができないため、骨が弱くなり骨軟化症という症状を起こしやすくなります。

なぜかといえば、腎臓で最終的に活性型ビタミンDが作り上げられるからです。

これを防ぐために、腎臓が弱っても、きちんと活性型ビタミンDを作ってくれる薬剤が開発され、こうした患者さんに投与されています。また、この薬は老人に多い骨粗しょう症の治療にも有効だといわれています。

ビタミンDとがん

がんに関しては、進行がんだったり闘病が長くなったりすると、骨転移や運動不足による骨の強度不足などが直接関連してきます。

「骨にはカルシウムが必要」というのはよく知られていることなので、カルシウムを積極的に摂る人は多いですが、ビタミンDへの意識はあまり高くありません。

カルシウムだけでなく、ビタミンDも意識して摂取することが大切です。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-28.がんと栄養成分

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.