24.放射線治療

放射線感受性とは?

投稿日:

放射線感受性とは

放射線感受性とは、組織や臓器に同じ放射線量を照射した場合に、生物学的な効果が異なることです。

放射線感受性は、分裂が盛んな細胞、組織再生能が活発な細胞、形態的・機能的に未分化な細胞ほど高くなるという法則があります。

組織でいえば、リンパ組織、卵巣、精巣、粘膜、唾液腺などは放射線感受性が高く、反対に神経繊維、神経細胞、骨などは放射線感受性が低いといえます。

卵母細胞やリンパ球はほとんど分裂しないのですが、感受性は高いということが分かっています。ですので厳密にいえば、この法則は放射線感受性の指標に完全に当てはまるとはいえませんが、よく用いられています。

がん治療においては、「○○がんは放射線感受性が高い」などという文脈で使われることが多いです。

ガイドブック差し上げます

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-24.放射線治療

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.