24.放射線治療

放射線感受性とは?

放射線感受性とは

放射線感受性とは、組織や臓器に同じ放射線量を照射した場合に、生物学的な効果が異なることです。

放射線感受性は、分裂が盛んな細胞、組織再生能が活発な細胞、形態的・機能的に未分化な細胞ほど高くなるという法則があります。

組織でいえば、リンパ組織、卵巣、精巣、粘膜、唾液腺などは放射線感受性が高く、反対に神経繊維、神経細胞、骨などは放射線感受性が低いといえます。

卵母細胞やリンパ球はほとんど分裂しないのですが、感受性は高いということが分かっています。ですので厳密にいえば、この法則は放射線感受性の指標に完全に当てはまるとはいえませんが、よく用いられています。

がん治療においては、「○○がんは放射線感受性が高い」などという文脈で使われることが多いです。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-24.放射線治療