07.乳がん

乳がん「HER2タンパク」とは?その意味

乳がん「HER2タンパク」とは?
HER2とは「ヒト表皮成長因子受容体2型」という、がん細胞の表面にはえたアンテナのような形のタンパク質の略称です。

乳がんの人の4人に1人の割合で、このタンパク質が存在し、がんの増殖を促していると考えられています。

このようなHER2タンパク過剰発現を伴った乳がんの場合には、HER2タンパクをつくる指令を出す遺伝子の数も増えていることが判明しています。

HER2タンパクがあるかどうかは、生検や手術で採取された組織標本でわかりますが、それによって乳がんの再発のリスクを検討したり、HER2タンパクを標的にするハーセプチンという薬が効くかどうかを検討します。

分子標的薬剤の1つであるハーセプチンは、HER2陽性の人に対して治療効果の高いことで知られています。なお、検査結果でHER2陰性とされた患者さんは、HER2の過剰発現が見られず、再発のリスクがそれだけ低くなります。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-07.乳がん