がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

07.乳がん

乳がん手術前の抗がん剤、手術後の抗がん剤の目的と効果

更新日:

乳がん手術前の抗がん剤、手術後の抗がん剤の目的と効果
抗がん剤は乳がんの状況に応じて、①術前化学療法、②術後化学療法、③転移・再発後抗がん剤の3つの場合に用いられます。なぜ、どういう目的で手術の前後に使われるのでしょうか。

化学療法(抗がん剤など薬を使った治療)は、作用の仕方が異なる抗がん剤を同時に、または順番に組み合わせることで、より高い治療効果を目指します。

また、投与の間隔や1回の投与量なども重要です。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

乳がん手術後の化学療法

術後化学療法は「術後補助化学療法」とも言います。しかし、今やそれを「補助」とは認識されていません。

乳がんはシコリとして見えるまでに10年くらいはかかると考えられています。シコリになる前から、あるいはシコリが大きくなるにつれて、微小ながん細胞が全身に転移していきます。これは、最新の画像検査でも見えないようながん細胞の微小な転移です。術後化学療法は、このがん細胞を攻撃して再発を防ぐことが目的です。

術後化学療法は、病理検査で浸潤性乳がんの大きさが2㎝を超えたり、組織異型度や核異型度(悪性度)が高かったり、リンパ節に転移があったり、ホルモン受容体(エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体)がなかったり、血管やリンパ管の中にがん細胞(脈管侵襲)があったり、HER2陽性だったりした場合に適応となります。

術後化学療法の意義は、臨床試験において再発した人や、死亡した患者さんの人数を標準治療と研究治療との間で比べて、どのくらい再発や死亡が軽減されたか医学的に「確率」を計算して検証します。術後化学療法が導入されたこの30年間で、化学療法を全くしない時代に再発していた患者さんの約半数の再発を防げるようになったといわれています。

しかし副作用がある抗がん剤治療を受けるか、受けないかは難しい判断です。副作用の怖さから拒絶反応を示す人もいます。

抗がん剤治療を行うことで再発のリスクがなくなるわけではありませんが、乳房以外の他の臓器に転移・再発した場合の平均的な生命の予後は3年から5年位であることは事実です。抗がん剤を使う、使わないを問わず、乳がんにおいて「再発・転移を防ぐこと」は最も重要なテーマであるといえます。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


乳がん手術前の化学療法

がん細胞は腫瘍状態になってからは、どんどん増殖していきます。そのため腫瘍が小さいうちに抗がん剤で攻撃すれば体の中に隠れているがん細胞も少ないことから、効果が高いと考えられていました。

ところが、いくつかの臨床試験の結果、術前化学療法の方が術後化学療法より、統計学的に再発や死亡をより抑えることができるという結果は出ていません。

つまり、化学療法として術前でも術後でも「再発の予防」としての効果は同じです。この結果は、当時の腫瘍学の仮説から予測できないものでした。

その理由として、がん細胞が最初から抗がん剤に抵抗性を持っていることや、「がん幹細胞」から新たながん細胞の増殖が始まることなどが考えられます。

ただ、術前化学療法によって多くのケースでは腫瘍が小さくなります。手術が実施しやすくなる、薬の効果を確認できるといったメリットはあるといえます。

術前化学療法の対象となる乳がん

術前化学療法は1980年代にまず「局所進行乳がん」の患者さんを対象に行われました。

局所進行乳がんは、がんが皮膚表面に露出したり、胸の筋肉や肋骨など胸壁まで達していたり、脇や鎖骨の下のリンパ節へたくさん転移したりするⅢ期の乳がんです。理由は、すぐに手術をしても十分に局所治療ができない病状だからです。

しかし、近年では比較的早期の乳がんの患者さんを対象に、手術の前に化学療法を行う「術前化学療法」が急速に広まり「標準治療」となりました。

「術前化学療法」は手術の前に抗がん剤を使ってシコリを小さくし、乳房を温存するために行われています。

乳房温存術が可能とされる患者さんは、シコリの大きさが3cm以下の人で、広範な石灰化(マンモグラフィで広い範囲に石灰沈着があること)がない、乳がんが限られた範囲にある、というような条件を満たす場合です。

以上、乳がんの化学療法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-07.乳がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.