いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

07.乳がん

乳がんホルモン療法の副作用(症状)とは?

更新日:

乳がんホルモン療法の副作用(症状)
ホルモン療法による副作用は、女性ホルモンが作用する体の機能を乱すことが原因です。
主な作用の部位は、子宮や膣の女性生殖器、骨、そして脳、うつ状態になるなどの精神的影響です。すべてに共通した副作用として、更年期障害に似た症状が出ます。

のぼせ、発汗、いらいら、落ち込み、などです。膣の分泌が増えたり、逆に膣の乾燥から性交痛が出現したりすることもあります。また、子宮体がんのリスクも高まります。

タモキシフェンを内服された人の数百人に1人の頻度で、子宮体がんが発生します。タモキシフェンを内服している人、あるいは数年前まで内服されていた人は、年に1回婦人科検診を受けることが推奨されます。

アロマターゼ阻害剤は、関節痛や骨密度の低下が知られています。特に、内服前から骨密度が低下されているような人は、十分注意が必要です。アロマターゼ阻害剤を内服する際には、半年から1年に1回、骨密度の測定が必要です。

黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤によって、卵巣機能が停止して、見かけ上2年間は閉経した状態になります。抗がん剤による副作用でも卵巣機能が停止したり、廃絶したりすることがあります。

乳がん治療の観点からは、女性ホルモンを下げることは再発の予防として、好ましいことです。しかし、妊娠・出産の高齢化も普通のことになってきておりM乳がんの治療の後に出産を希望される人も多くなりました。

黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤を2年間投与されることによって、30代の女性が閉経してしまう可能性もあります。さまざまな観点から治療方針を決めていくことが重要です。

以上、ホルモン治療の副作用についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-07.乳がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.