16.前立腺がん

前立腺がんを告知されそうなときの注意事項と医師に確認すべきこと

投稿日:

前立腺がんを告知されそうなとき

前立腺がんは、病期や悪性度、年齢や基礎疾患(持病)の有無などによって、治療方針が患者さんそれぞれで異なります。十分な情報を得たうえで、治療法を決めなければなりません。

医師には、患者さんに診断や病状とそれに必要な治療法、その効果や副作用をわかりやすく説明する義務がありますし、納得してもらってから治療を始めなければなりません。

以前は、すべて医師にまかせる「おまかせ医療」の時代がありました。しかし、病院や治療法の選択肢が広がったことで、患者自身が勉強して医療情報を蓄積する傾向が強くなると、従来の「おまかせ医療」では患者さんも納得しなくなりました。

治療にあたって、医師は患者さんから生活の様子、仕事の内容や状況などを聞き、年齢や体力、病歴などを考慮したうえで、治療法を提案します。

病期や患者さんの状態によっては、治療の選択肢が1つしかない場合もあります。しかし、通常はいくつかの選択肢があり、患者さんは医師や家族と相談したうえで、最もよいと思う治療法を選ぶことが大切です。

■信頼できる人といっしょに聞く

医師に「前立腺がんです」と言われると、頭が真っ白になってしまう人も少なくありません。ですから、家族やパートナーなど、信頼できる人といっしょに説明を受けるようにしましょう。

しかし時に配偶者は、夫ががんと聞いて取り乱すことがあるので、子どもも同席するのが理想的です。グリソンスコアなど大事なことは、家族のだれかがメモしましょう。わからないことは、納得いくまで質問することも重要です。

最近では診断結果を書面にして渡してくれる病院も増えていますが、同席した人の1人でも冷静に医師の説明を聞き、後日「そんな話は聞いていない」という事態にならないように心がけましょう。

■主治医に確認すべきこと

・今の体の状態や検査結果について
・どのくらい進行しているか、病期は?悪性度は?
・どのような治療の選択があるか
・治療法により成績が違うか
・治療の副作用や後遺症について
・治る確率は?
・治療後の生活は治療前と同じに戻るか
・予想される再発率や生存率は?

以上、前立腺がんの診断についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-16.前立腺がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.