16.前立腺がん

前立腺がんの直腸診は重要な検査

投稿日:

前立腺がんの直腸診は重要な検査

直腸診は、医師が肛門から直腸に指を挿入し、直腸の壁ごしに前立腺をさわってみる検査法です。

前立腺は、直腸のすぐ前にあるため、肛門から指を入れると、前立腺の背面にふれることができます。

診察室では、「前立腺を触診しますからズボンと下着を下げて、ベッドに向こう向きになって寝てください」などと医師に言われるでしょう。患者さんは、下半身の衣服や下着を脱ぎ、診察台の上で膝肘位、仰臥位、側臥位などの姿勢をとります。

医師はゴム手袋をはめ、潤滑剤をつけた人さし指、もしくは中指を肛門から挿入して、前立腺の大きさ、表面が平らかでこぼこか、弾力があるか、石のようにかたいか、左右対称か否か、がんが疑われるかたいしこりの有無などを、数秒のうちに調べます。

■痔のある人は事前に伝える

痔のあることがわかっている人は、検査の前に伝えてましょう。潤滑剤の量を多くしたり、指を肛門に挿入するとき、いつもより慎重に対処するなど、医師は配慮します。

■力を入れず、口を開けて息を吐く

この検査をスムーズに受けるコツは、下半身に力を入れないことです。力んでしまうと、肛門括約筋が締まって、逆に痛く感じます。口を開けて、ハーッと息を吐くようにすれば楽です。

前立腺がんの一部のタイプには、PSA検査で正常値を示すがんもあります。そのようなやっかいながんを見つける場合、直腸診は非常に役立つ検査法といえるのです。

しかし、この検査は医師が直接指でふれるだけなので、客観的な数値でのデータであらわすことができません。

指にふれるくらいかたいがんというのは、TNM分類のステージでいえばT2~T4くらい進行しています。T1cなど初期のがんは直腸診だけではわかりません。また、前立腺の背面しかわからないため、がんが前側に発生していると、指でふれることができずに見落とす可能性もあります。

そのため最終的な診断をするためには、PSA検査や超音波検査、生検などの検査を組み合わせて行います。

前立腺がんが見つかったときは、そのがんが前立腺部にとどまっている(限局)かどうかの判定や、とどまっている場合の病期分類にも必要となる検査です。

以上、前立腺がんの検査についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-16.前立腺がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.