18.卵巣がん

卵巣がん再発を調べるための検査と再発時の治療法

投稿日:

卵巣がん再発検査と治療法

卵巣がんの再発のめやすは5年とされていますが、それ以降に再発しないとは言いきれません。5年、10年と経過しても定期的に検診を受けることが望ましいとされています。

とくに、初回治療後の定期検診は、予後を確認し、療養生活における細かな指導を受けるうえで、とても重要です。

再発がんは、一般的に治癒は難しいですが、早期発見することで対処できる可能性は高まります。自覚症状が現れる前に再発がわかることも多いので、検診を欠かさないことが大切です。

■検査項目や検査の時期は?

治療後の定期検診では、初回の治療内容や患者さんの状態に応じた検査が行われます。基本的には、触診、内診、直腸診などの診察や、細胞診、胸部単純X線検査などの画像診断、血液・生化学検査、腫瘍マーカーなどにより、再発の有無を調べます。

また、手術や放射線療法、化学療法に伴う合併症についての確認も行われます。

■再発・転移を調べる検査

体内に腫瘍細胞ができると、その腫瘍特有の物質が血液中に出現します。この物質を腫瘍マーカーといい、数値によって腫瘍発生の有無を判断します。

また、骨シンチグラフィーは、体内に投与した放射線同位元素が沈着する様子を画像で確認し、全身の骨への転移を調べる検査方法です。これは、注射した薬剤が骨の代謝が活発なところに集まる性質を利用したもので、がんの経過観察のほか、骨折や炎症の確認にも使われます。

■卵巣がん再発時の治療法

再発がんの治療法は、がんの広がり方や再発した時期、これまで行った治療法などにより、総合的に判断されます。

がん病巣が初回に発生した場所に限られている場合は、手術や放射線療法を行います。また、がんが複数箇所に転移している場合は、手術による完全摘出や放射線療法が難しいため、抗がん剤による化学療法がとられます。

一般的に、初回治療に比べ、再発がんは治療が難しくなります。がんが全身に広がっていることも多く、手術での治療に限りがあります。

【卵巣がん再発時の主な治療法】

<局所再発>

・外科手術
・放射線治療

<遠隔転移>

・腹膜播種であれば化学療法
・脳への転移は放射線療法

以上、卵巣がんと再発・転移についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-18.卵巣がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.