いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

12.甲状腺がん

甲状腺の場所(位置)と役割

更新日:

na-su84343

甲状腺の場所は?

甲状腺は、のどぼとけの下にある器官です。重さは18g前後で厚さは数ミリのとても小さな器官です。

甲状腺は小さいうえに、筋肉に覆われていますので、ふだんは手で触れて存在を確認することはできませんが、何らかの原因で腫れてきたり、かたくなったりすると、手で触れて状態が分かるようになります。

触ったり、目で見たりして腫れているのがわかるようになると甲状腺の異常に気づきますが、そうでなければ異常に気づくことはまずありません。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


甲状腺はホルモン分泌し、貯蔵する

小さい器官ですが、甲状腺の役割はとても重要です。

甲状腺が分泌するホルモンによって新陳代謝が活発になり、胃腸などの消化器をはじめ、さまざまな機能が正しく働きます。

甲状腺から出るホルモンは、タンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミンなどの栄養素や、水分などが、体内でうまく利用されるように働きます。細胞・組織の発育にも関わるので特に子どもの成長には重要です。

骨や精神、神経系など、体のすべての器官、組織、細胞が影響を受けているといえます。
甲状腺は、このようにとても重要なホルモンを生産し、貯蔵し、分泌しているのです。

甲状腺ホルモンの重要性

体温が平均体温に保たれているのは人体に備わっている「体の恒常性(ホメオスターシス)」のおかげです。この恒常性を保つ役割を担っている1つが神経系で、もう1つがホルモン系です。

体内が通常の状態と違ってくると、内分泌腺からはホルモンが分泌され、神経系と協力して、体内を元の状態に戻そうとします。

甲状腺は見た目には小さい器官ですが、ホルモン関連の器官の中では最も大きな臓器で、そこから分泌される甲状腺ホルモンによって体を正常に保つことができます。

 

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-12.甲状腺がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.