08.子宮頸がん

子宮頸がんの手術後(退院後)、日常生活で気をつけたいこと

投稿日:

子宮頸がんの手術後、日常生活

手術して退院した後1カ月程度は、重い荷物の上げ下ろしや背伸びをして行う作業など、腹圧がかかるような動作を避けましょう。腹圧によって、腹壁ヘルニアを起こしたり、リンパ浮腫を悪化させることがあります。

腹壁ヘルニアは、手術で縫い合わせた左右の腹筋が開いて、腸が飛び出す状態のことで、たいてい横になっておなかの上から腸をなでれば元に戻ります。

予防のためには、退院後1カ月は腹帯やガードル、ボディスーツなどで腹筋を抑えるとよいでしょう。ただし、リンパ節を切除した場合は、リンパの流れを阻害しないよう、腹帯を使用しましょう。

■職場復帰後約3カ月は作業内容や通勤時間を調整

職場復帰後、電車やバスなどで移動する際は、座れる時間帯に利用しましょう。立っていると、揺れたときに踏ん張るため、腹筋に力が入ってしまいます。復帰後約3カ月は、通勤時間や腹圧がかかるような作業を調整してもらうなど、職場と相談してみましょう。

■ヘルニアによる腸閉塞に注意

腹壁ヘルニアは、多くの場合、おなかの力を抜くことで自然に元に戻ります。しかし、ヘルニアの穴が小さいと、腸が締め付けられて血行が悪くなり、腸閉塞を起こすことがあります。

この場合、緊急手術により血行が悪くなった部分を切除したうえで、修復手術を行います。また、手術を行っても、再発する場合もあります。急な激しい腹痛や吐き気、嘔吐などの症状が現れたときは、すぐに受診しましょう。

■腹圧がかかる動作に注意

・買い物での重い荷物

重い荷物を持って歩くのは、リンパ浮腫の悪化につながる

・布団の上げ下ろし

重いものを持ち上げるときや下ろすときに腹筋に力がかかる

・浴室の清掃

前のめりで行う作業も腹筋に力が入る

・高いところに洗濯物を干す

背伸びをするときに腹筋を使う

・電車やバスで立っている

揺れたときに踏ん張って腹筋を使ってしまう

・中腰でものを取る

中腰の状態も腹筋を使う

以上、子宮頸がん手術後の日常生活についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-08.子宮頸がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.