17.膵臓がん

膵臓がんの抗がん剤治療(化学療法)の流れ

更新日:

膵臓がんの抗がん剤治療

膵臓がんの転移や再発のある人に対して行われる抗がん剤治療(薬をつかった化学療法)は、次の1~4の流れに沿って行われます。

■1.治療方針の決定、説明

まず、抗がん剤治療にあてはまる症例(手術不能、転移がんなど)かどうかの判断をし、同時に患者さんの全身状態の評価が行われます。体力的にも治療可能と判断されれば、医師から治療方針、治療計画の説明があります。最終的には、医師と患者さんで相談して治療法を決定します。

■2.抗がん剤の投与

治療法を決めたら、抗がん剤の投与を開始します。治療法によって、外来通院か入院で行います。初回投与は入院で行い、問題なければその後は外来で行っていく場合もあります。
入院の場合も、問題となる副作用が出現しなければ数日間の入院で済みます。外来で行っていく場合は、副作用の出現に十分な注意を払いながら、定期的に問診や診察、採血、レントゲン検査などを行います。

■3.治療効果の判定

2~3か月間治療を行ったら、治療効果がどれだけあるのかを評価します。評価方法には、採血による腫瘍マーカー測定や、CT検査が一般的です。

化学療法の効果判定としては、「がんの消失」、「がんの縮小」、「不変」、「がんの増大ないし新たな病変の出現」の4つに分けられます。前三者はすべて「化学療法の効果があり」と判定されます。

■4.治療の継続・変更

副作用の程度と治療効果の程度で治療方針が変わります。副作用もなく、あるいは軽度であり、化学療法の効果を認めている場合は、そのまま治療を継続します。

副作用の出現があっても、治療効果を認めている場合は、いったん休んだり、あるいは投与薬量を減量したりして継続する場合もあります。治療効果がなければ、副作用の有無にかかわらず薬の変更を検討します。

以上、膵臓がんの化学療法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-17.膵臓がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.