17.膵臓がん

膵臓がんの切除手術とリンパ節の切除=郭清(かくせい)

投稿日:

膵臓がんの切除手術とリンパ節の切除

膵臓がんは早期発見が難しく、進行が早いがんです。

また再発率も高く、長期成績も決してよくありません。膵臓がんを発見したときはすでに肝転移や肺転移などの他臓器転移やリンパ節転移、周囲への浸潤があることも少なくありません。

しかし、現在、膵臓がんを根治(目に見える腫瘍をなくすこと)できる治療は手術治療がただ1つであるため、すべて取りきれるのであれば、原則として手術が最優先となります。

いっぽう、ほかの臓器へ転移したり、肝動脈や上腸間膜動脈などの動脈浸潤や大動脈周囲リンパ節転移などがあれば、手術は適応となりません。

手術方法はがんの存在部位によって異なりますが、切除範囲は腫瘍を含む膵臓と所属リンパ節を含めて、広範囲に切除します。

■リンパ節郭清(かくせい)とは

膵臓がんは約20%と高い確率でリンパ節転移が起こります。そのため、手術では腫瘍の切除だけでなく、周囲のリンパ節も同時に切除することが一般的です。

人の体内には、動脈や静脈などの血管と同様に、リンパ管が全身に張り巡らされています。リンパ管の中にはリンパ液が流れます。リンパ液は、血管の外に染み出した血液中の血漿が再吸収されたもので、体内に侵入したウイルスや変性した細胞などを処理するリンパ球を含みます。

このリンパ管の所々には球状のリンパ節があります。がんの転移の1つとしてリンパ管を経由してリンパ節に転移する経路があります。リンパ管に侵入したがん細胞がリンパ節に定着して増殖するのがリンパ節転移となります。

臓器別に転移しやすいリンパ節を所属リンパ節と呼んでいますが、病巣切除と同時に所属リンパ節を切除するリンパ節郭清を行います。

以上、膵臓がんの手術とリンパ節の郭清についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-17.膵臓がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.