25.抗がん剤・分子標的薬

イレッサの費用(値段)と治療期間

投稿日:

イレッサの費用(値段)と治療期間
肺がんに使われるイレッサ(ゲフィチニブ)は錠剤で、一日一回服用します。

■注意点

イレッサは肺がんの中でも「EGFRの遺伝子変異のある人」に投与する薬です。その場合の奏効率は70~75%とされます。従来の抗がん剤でよくみられる吐き気、脱毛、骨髄抑制などの副作用は少ないのですが、特有の副作用として皮疹、下痢、問質性肺炎などがあります。

■投与期間と費用

1コースの期間:特に決められず、効果があれば継続されます。

総コース数:特に決められず、効果があれば継続されます。

おもな副作用:ニキビのような発疹、かゆみ、下痢、間質性肺炎など

1日あたりの薬剤費(保険適応前):6,526円

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.