17.膵臓がん

膵臓がんのステージと標準的な治療法

投稿日:

膵臓がんのステージと標準的な治療法

膵臓がんは初期にはほとんど自覚症状がなく、しかも進行が速いために、治療が難しいがんの1つです。

患者さんは60歳ぐらいから増えはじめ、女性よりも男性に多く見られます。最近は薬物療法が進歩し、生存期間の延長が期待できるようになっています。

■膵臓がんの病期(ステージ)と標準治療

・ステージⅠ
がんが膵臓の中にあり、リンパ節への転移はない
標準治療:手術+術後補助化学療法

・ステージⅡ
がんが膵臓とその周囲にはあるものの、重要な血管にはまだ及んでいない。リンパ節への転移はない、あるいは隣接するリンパ節までに限られている
標準治療:手術+術後補助化学療法

・ステージⅢ
がんが膵臓のまわりの重要な血管に及んでいるが、遠隔転移はない
標準治療:化学療法(同時化学放射線療法)

・ステージⅣ
遠隔転移がある
標準治療:化学療法
■優先は手術。再発・悪化を防ぐためほぼ全員に薬物療法が提案されます

膵臓がんの治療の基本は手術で、がんが周囲のリンパ節や血管に及んでいないステージⅠやⅡが対象です。手術のあとには、再発予防を目的に、術後補助化学療法を行うことが標準治療とされています。「手術+術後補助化学療法」を行った場合の再発予防率は2割程度といわれています(5年間の成績)。

がんが大きくなって、周囲の血管(腹腔動脈、上腸間膜動脈)に広がっていたり、リンパ節や遠隔臓器に転移していたりして手術が難しいステージⅢやⅣでは、抗がん剤単独で治療を進めていきます。

ステージⅢ(局所進行膵臓がん)に対する同時化学放射線療法については、ジェムザール単独療法に比べ、明確な有効性が証明できていません。

以上、膵臓がんの標準治療についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-17.膵臓がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.