25.抗がん剤・分子標的薬

事前に効果のある抗がん剤・分子標的薬を調べるコンパニオン診断薬

投稿日:

事前に効果のある抗がん剤・分子標的薬を調べる

がんに使う薬(抗がん剤や分子標的薬)は体に与えるダメージ(副作用)が大きいことはよく知られています。

そのため事前に薬の有効性や副作用を予測するための技術が開発されてきました。具体的には患者個々が持つ遺伝子の状態などを調査することでどんな薬が効きやすいか判断することができます。

患者がかかった病気の遺伝子の状態(変異の有無や標的分子の発現など)を調べる医薬品のことを、「コンパニオン診断薬」といいます。

最近では遺伝子変異を標的にする分子標的薬(抗がん剤ではなく、がん細胞特有の特徴に作用する薬)が多く開発されるのにともなって、その重要度が増してきました。国内でもすでにいくつかの診断薬が承認されています。代表的なのが、乳がん治療薬のトラスツズマブやラパチニブの診断薬です。

投与前にHER2という遺伝子が過剰に発現しているかどうかを調べるために用いられます。トラスツズマブは胃がんにも適応拡大されたので、現在は胃がんの人にもこの診断薬が欠かせなくなりました。

また、大腸がん治療薬のセツキシマブやパニツムマブは、KRAS遺伝子に変異がない(野生型)と治療効果が高いことが分かり、その診断薬も承認されました。

その後、CCR4陽性の成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)の治療薬モガムリズマブ(ポテリジオ)とその診断薬(ポテリジオテスト)が同時に承認、さらに肺がんの治療薬クリゾチニブの診断薬も承認されました。

こうした診断薬を治療薬とセットで用いることによって、一人ひとりに合った薬を使う「個別化医療」が進んでいる状況です。

以上、コンパニオン診断薬についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.