17.膵臓がん

膵臓がんで使われるFOLFIRINOX(フォルフィリノックス)療法とは?|膵臓がんの抗がん剤治療

投稿日:

膵臓がんで使われるFOLFIRINOX

膵臓がんと診断された場合、治療の第一選択肢として提案されるのは手術ですが、手術ができない場合は化学療法(抗がん剤などの薬を使った治療法)が行われます。

ここでは2013年に承認されたFOLFIRINOX(フォルフィリノックス)という方法について解説します。

■膵臓がんの化学療法(抗がん剤治療)とは?

手術ができない膵臓がんの場合、薬を使ってがんの進行を抑え、できれば縮小を図るという治療法、つまり化学療法が中心となります。

膵臓がんで使われる薬の種類は少なく、古くから使われてきたジェムザール、TS-1という薬の選択肢しかありませんでした。

近年になり、分子標的薬であるタルセバ、そしてFOLFIRINOX(フォルフィリノックス)という「4つの抗がん剤を併用した治療法」の使用が承認されました。

FOLFIRINOXは5-FU、ロイコボリン、イリノテカン、エルプラットという抗がん剤を組み合わせて投与する化学療法であり、膵臓がんでは長く主軸として使われてきたジェムザールよりも腫瘍抑制効果が高いことが臨床試験で明らかになりました。

抗がん剤には薬それぞれの副作用があることがよく知られていますが、4種類の抗がん剤を一度に使う治療法のため、FOLFIRINOXには骨髄抑制などさまざまな副作用が起きます。腫瘍抑制効果はあるといえますが、副作用は生命の保持に影響するものも多いため、がんを攻撃できる=延命効果もあるとは一概にいえません。

■FOLFIRINOXが対象となる人

基本的には70歳未満で(進行した膵臓がんとはいえ)比較的体調がよく、日常生活がふつうに送れている人が対象です。抗がん剤治療はデメリットもあるため、がんを患っているとはいえある程度元気な人でないと受けられないということです。

具体的な症状でいうと、黄疸、肺機能の低下、膵臓や肝臓の機能の低下、長期喫煙者などが対象外となります。

また、FOLFIRINOXは点滴ではなく中心静脈から投与するため、鎖骨付近に(抗がん剤を体内に流すための)ポートを留置する手術を行う必要があります。点滴や経口ですぐに始められるものではなく、体にポートを留置するということで受けたくないという人もいます。

さらには特定の体質(UGT1A1という酵素の遺伝子変化がある人)はイリノテカンが使えないために見送られます。

■FOLFIRINOXの進め方

条件がクリアされ、FOLFIRINOXが適応だと判断されると治療がポート留置のあと治療が開始されます。

投与方法は2週間で1コースです。開始時には不測の副作用に対応するためにも入院して治療が行われます。

二週間の内訳は、まず初日から3日目までで薬の投与を行います。その後4日目から14日目までは体力の回復に当てます。それが終われば再度同じ内容の2週間をスタートさせるということになります。

複数の抗がん剤を使うため、最初の2週間で体力や血液の状態が回復しない場合もあります。その際は2コース目の開始を遅らせたり、薬の量を減らすなどして対処されることがほとんどです。

もちろん、重篤な副作用が出た場合は治療が中止されます。特に胆管炎が起きると命に関わるので入院中はしっかりと経過を見る必要があります。

以上、膵臓がんの化学療法についての解説でした。

膵臓がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-17.膵臓がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.