04.大腸・直腸がん

大腸がん手術の入院期間(日数)はどのくらい?

投稿日:

大腸癌腹腔鏡手術

大腸がんの「手術」方法には主に3種類あります。それぞれ体への負担が異なるため、入院期間(日数)には差があります。

どんな手術を受けるかは、ステージ(がんの進行状況)や体の状態によりますが、必ず医師から事前に説明があるので、どんな手術を受けるのか把握しておくことが大切です。

■1.内視鏡治療の場合

内視鏡治療はがん腫瘍(ターゲットとするがんの塊)に金属製の輪をかけて、電流を流して焼き切る方法です。これはステージ0~1の早期の大腸がんに対して行われる治療で、大きな傷もなく行えるため基本的には「日帰りの外来」で行われます。

■2.開腹手術の場合

早期がんであってもリンパ節転移が疑わる場合や、ステージ2以上の進行がんでは開腹手術が行われます(大腸を超えて転移がある場合は手術ができない場合があります)。

がんのある部分とリンパ節を広く切除するため傷は広く、体へのダメージはありますが、手術を行う医師が目で状態をしっかり把握して切除でき、取り残しや手術のミスが少ないことも特徴の1つです。

開腹手術を行う場合の入院期間はおよそ10日間です。

■3.腹腔鏡手術の場合

切除範囲は開腹手術と同じですが、お腹を切開せず、おなかにいくつかの穴を開け、そこから手術に必要な器具を挿入して内視鏡・モニターをみながら手術を行う方法です。

特殊な技術であるため、どの病院・医師でも実施できるわけではなく、熟練度が求められるため経験値は重要な要素です。この腹腔鏡手術は1990年代からはじまり、現在では大腸がんのおよそ30%が腹腔鏡手術で行われています。

腹腔鏡手術を行う場合の入院期間はおよそ一週間です。

以上、大腸がんの手術についての解説でした。

大腸がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-04.大腸・直腸がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.