05.肺がん

肺がんで使われるようになった新薬の整理

更新日:

ザーコリ(クリゾチニブ)

肺がんの化学療法(抗がん剤や分子標的薬による治療)は2002年のイレッサ(ゲフィチニブ)以降、登場しつづけた新薬(おもに分子標的薬)が治療の軸になっています。

従来の抗がん剤と分子標的薬の違い

がん細胞は分裂・増殖が盛んで速く、正常細胞の分裂・増殖のスピードよりもかなり速いといえます。抗がん剤は異常なスピードで増殖する細胞を殺すメカニズムをもった薬です。ですががん細胞だけを殺すことはできず、正常細胞のうち増殖スピードが速い「血液」「髪の毛」「粘膜」などの細胞にダメージを与え、それが副作用に繋がります。

いっぽう、分子標的薬といわれる昨今中心となっているタイプの薬は、がん細胞が持つ増殖メカニズムの1つを標的として開発された薬です。従来の抗がん剤よりも副作用が少なく、高い効果を挙げられることから、がん治療の中心的な役割を担っています。

肺がんでここ数年承認された新薬は全て分子標的薬

2002年にイレッサが承認され、2007年にタルセバ(エルロニチブ)が承認されました。この2つはEGFRという遺伝子変異に関連する薬です。最近では2014年にジオトリフ(アフェチニブ)が承認されました。

いっぽう、2007年に別の遺伝子情報であるALK融合遺伝子が発見されました。ALK融合遺伝子を標的とした新薬として2012年にザーコリ(クリゾチニブ)、2014年にはアレセンサ(アレクチニブ)が承認され、医療現場で積極的に使われるようになっています。

新薬が使われるのは主に「非小細胞肺がん」の「腺がん」

肺がんのタイプのうち、小細胞肺がんには分子標的薬(上記で挙げた新薬)は使われません。小細胞がんの中心は従来どおりイリノテカンやプラチナ製剤などの抗がん剤です。

非小細胞がんのうち、新薬が使われるのは「腺がん」です。腺がんのうち、EGFR変異がある人(約30~40%)には、イレッサ、タルセバ、ジオトリフが使われます。そして腺がんのうちALK変異のある人(約5%)にはザーコリ、アレセンサが使われます。

その他のタイプの肺がんでは、以前として従来の抗がん剤(プラチナ製剤系、アムリタ、アバスチン)などが中心として使われています。

以上、肺がんで使われる分子標的薬についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.