05.肺がん

肺がん放射線治療の副作用と抗がん剤治療の副作用

更新日:

joi

■肺がん放射線治療の副作用

放射線療法では、つぎのような副作用や合併症があらわれます。代表的なものは、放射線を照射することによるやけどのような症状(炎症)が生じます。

肺の照射部位には放射性肺臓炎や肺線維症が、気管や食道のあたりに照射した場合は食道炎が、放射線照射部位近くの皮膚には皮膚炎がそれぞれあらわれることがあります。

また、放射線療法では治療中だけでなく、治療後にも合併症があらわれることがあります。なかには、数年たってからあらわれることもあるので、定期的に診察を受けましょう

■肺がん化学療法(抗がん剤治療)の副作用

化学療法の副作用はじつに多様です。個人差があり、また使用する抗がん剤の種類や出現時期によって、さまざまな副作用の可能性があります。

自覚できる副作用としては吐き気や嘔吐、下痢、口内炎、食欲不振などの消化器症状がよく起こります。吐き気には、吐き気止めとして5‐HT3拮抗剤やNK1受容体拮抗薬がよく使われす。

また、化学療法開始後3週目ごろから、髪の毛が抜けはじめることがよくありますが(脱毛)、治療終了後には再び生えてきます。

検査で発見できる化学療法の副作用として、骨髄抑制(こつずいよくせい)があります。骨髄は血液のなかを流れる血球をつくっています。この骨髄機能の低下により、血液のなかで免疫を担当する白血球や好中球の数が減少して感染しやすくなったり、止血を担当する血小板の数が減って血が止まらなくなったりする副作用が、骨髄抑制です。

骨髄抑制は、化学療法開始後1~3週目にあらわれることがよくあります。重篤な場合には、G‐CSFという薬剤や血小板輸血を使って治療をおこないます。

また、心不全や不整脈、問質性肺炎が生じたり(心肺毒性)、肝臓や腎臓の機能が低下したりします。

・・・このように、抗がん剤には多くのデメリットがあります。

抗がん剤のダメージを軽減するために、自らできることは「体を回復させるための栄養やビタミン」をきちんと摂取することです。どんな食事・サプリメントが必要なのかについてはこちらのガイドブックで触れています。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.