05.肺がん

肺がんの化学療法(抗がん剤治療)と使われる抗がん剤の種類

更新日:

肺がんの化学療法(抗がん剤治療)

がん治療における「化学療法」とは、抗がん剤を使う治療のことです。抗がん剤が血液に乗って全身をめぐり、がん細胞を殺すことを目的とした「全身的治療法」です。投与方法は静脈への注射や点滴あるいは内服です。

■肺がんで化学療法が使われる場合

化学療法が選択される主な適応例は、つぎのとおりです。

1.非小細胞肺がんの場合

ステージIB~Ⅱ期では手術との併用、Ⅲ期では放射線療法との併用、Ⅳ期では化学療法単独で使われます。しかし、非小細胞がんでは抗がん剤が効きにくく、それのみで大きな効果を期待するのはむずかしいとされています。

2.小細胞肺がんの場合

小細胞がんは化学療法、抗がん剤が効く場合がよくあります。限局型(LD)の場合は放射線療法との併用で、進展型(ED)の場合は化学療法単独で使用します。

また、肺がんの化学療法では、抗がん剤を1種類で使うこと(単剤療法)もありますが、ほとんどが2種類以上の組み合わせ(併用療法)です。

■肺がんの化学療法で使われる薬のタイプと名前

1.非小細胞肺がんの場合

非小細胞がんで全身状態が良好な場合には、プラチナ製剤を含む2剤併用療法をおこないます。全身状態が悪い場合には、プラチナ製剤を使用せず、そのほかの抗がん剤を単独投与か併用投与します。初回治療に効かなかった場合や再発した場合には、ドセタキセルの単独投与や分子標的治療薬の使用に効果が認められています。

2.小細胞肺がんの場合

小細胞がんで全身状態が良好な場合には、限局型では標準的治療としてシスプラチン十エトポシドと放射線との併用療法がおこなわれます。一方、進展型ではシスプラスチン+イリノテカンの2剤併用療法を選択します。全身状態が悪い場合には、カルボプラチン+エトポシドなどの投与がおこなわれます。

【肺がんで使用される主な抗がん剤と分子標的薬】

非小細胞肺がん 小細胞肺がん
プラチナ製剤 ・シスプラチン
・カルボプラチン
・シスプラチン
・カルボプラチン
併用抗がん剤 ・イリノテカン
・パクリタキセル
・ドセタキセル
・ビノレルビン
・ゲムシタビン
・ペメトレキセド
・マイトマイシンC
・ビンデシン
・アムルビシン
・テガフール・ウラシル配合剤
(UFT)
・ティーエスワン
・イリノテカン
・エトボシド
・シクロホスフアミド
・ドキソルビシン
・ビンクリスチン
・ノギテカン
・アムルビシン
 分子標的薬  ・ゲフィチニブ
・エルロチニフ
・ベバシズマブ

 

以上、肺がんの化学療法(抗がん剤治療)についての解説でした。

肺がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-05.肺がん
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.