02.がんについて

がんとは何か?どんな病気なのか?

更新日:

アメリカに「国立がん研究所」という、世界で有数のがん研究機関があります。この研究機関が、がんをどう定義しているのかというと、「細胞が増殖する過程で生じる100種類以上の病気の総称」です。

がん細胞が生まれるきっかけは様々ですが、外部からやってきたものではなく、自分自身の体が生み出したものです。

もとは自分自身の細胞ではあるものの、もはやコントロールがきかない細胞になってしまったのががん細胞です。

体にどんなダメージを与えてでも、自分(がん細胞)が生き延びるために増殖を続けます。

一般に、がん細胞は塊を形成しそれを悪性腫瘍(しゅよう)と呼びます。

がん=悪性腫瘍ですが、いっぽうで良性の腫瘍もあります。良性腫瘍はとてもゆっくり成長したり、ある一定の大きさで成長を止めます。そして、体の他の部分に転移することはありません。

がんを悪性と呼ぶのは、悪性腫瘍が非常に早く増殖し、増殖を止めようとしないだけでなく、周囲、あるいは遠く離れた臓器にまで広がっていき、そこでも成長して組織の機能を脅かすためです。

がんと闘ううえでやっかいなことは、
・がん細胞は非常に小さく、5mm未満は発見できない。
・小さながんでも、やがて大きく成長する可能性が高い。
・一度がんを発症した体は、その後もがんを発症しやすい。

ことにあります。

目に見えるがんだけを切り取るのは比較的簡単なことですが、目に見えないがんを切り取ることはできません。目に見えないがんを攻撃できるのは抗がん剤などの薬剤だけですが、現時点でがんだけを攻撃し、正常な細胞には影響しない薬は存在しません。

がんを攻撃する薬を使い続けても人体に影響がなければよいのですが、多大な悪影響(副作用)があるため、それができません。

それゆえ、人類はまだがんに勝てないのです。

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-02.がんについて
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.