08.子宮頸がん

子宮頸がんが疑われる症状とは?

投稿日:

women0088

子宮頸がんも子宮体がんも主なその症状は不正出血です。子宮がんが子宮周囲に派及すると、痛み、発熱、足の浮腫(むくみ)などの症状が起こることがあります。

特に子宮頸がんの場合は、前がん状態(がん化の前。異形成(いけいせい)と呼ばれる状態)では自覚症状はありません。子宮頸部に小さながんができてもほとんど自覚症状はないですが、性交時(後)に出血が起こることがあります。

早期の状態では肉眼で見てもはっきりしないことが多いですが、子宮膣部拡大鏡検査(コルポスコープ検査)で診ると、子宮頸部の粘膜に腫瘍化の変化があるときは出血しやすくなるのが特徴です。

子宮頸がんが次第に悪化していけば、子宮頸部のいくつかの部分に腫瘤(こぶ)や潰瘍ができてきて、そこから出血します(排便時にいきむことで出血しやすい)。閉経前であれば、月経が不順になったのか、がんからの出血なのかを区別することは難しいため、自覚症状から早期発見するのはとても難しいといえます。

がんが子宮周囲に波及したり、骨盤に達したり、膀胱・尿管や直腸に侵入したり、さらにリンパ節に転移し、それが神経や血管を圧迫したりすれば、痛み、発熱、血尿、血便、腰背痛、足の浮腫などの症状が起こります。ここまで症状が出るということはかなり進行した状態だといえます。

また子宮の入り口ががんで閉塞すれば、子宮腔内に膿汁(うみ)がたまって、感染症のような症状を引き起こします。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-08.子宮頸がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.