02.がんについて

骨転移の痛みの緩和に使われるストロンチウム89線源を使った放射線治療

骨転移の痛みの緩和に使われるストロンチウム89線源

ストロンチウム89線源は、骨の成分のカルシウムと同じように骨に集まりやすい特徴がある「放射性薬剤」です。

この放射性薬剤は、骨転移の痛みの緩和に用いられます。

ストロンチウム89線源は、がんが骨転移した骨には正常骨より長く留まり、集積した部位から出る放射線によって痛みがやわらいでくると考えられています。

痛みは注射の1~2週間後から消えていきます。副作用には血小板や白血球の減少があり、注射前に比べて20~30パーセント減少します。

この放射性薬剤に含まれる放射性のストロンチウム89は、尿や便といっしょに体外へ排出されますので、注射後、特に1週間以内は医師の指示に従う必要があります。

女性の方はこの薬剤の注射後2年間は避妊をしなければなりません。また、授乳中の場合、投与後1年間は授乳を中止する必要があります。

 

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-02.がんについて
-