01.サポート会員の声(個別)

子宮頸がん(ステージ1b2。手術後。ドイツ在住)患者さんの声|小板橋さん

投稿日:

本村様

丁寧で早いお返事をありがとうございました。こんなに親身になって、いろいろ考えていただけて、涙がでそうになりました。それも、私からお返事をいただく期限を指定したようで、申し訳なかったです。

昨日、外科医、放射線科医ともう一度話し合をした、ハイデルベルグのオンコロジストと話し合いました。

最終的に向こうが下した決断は、やはり、ボン、ケルン大学説と同じになりました。(化学,放射線のあと、手術)でも、さすがハイデルベルグは、判例にしたがってというより、あらゆる可能性を検討した上、やはり判例に戻ってきた感じです。

本村さんがおっしゃっていたように、今回の癌は子宮ガンと同じ細胞が、子宮ガンの細胞が育つところではないところにできたしまったもので、きわめて珍しい事(ここで第一回目の手術での汚染が示唆されたのですが)そのかわり、放射線治療とキモの組み合わせで、大きな結果が期待されること、も説明してくれました。

(アメリカの数例では、手術もさけられた、ということもあったそうです、それでも私の場合、どうなっても腫瘍が4センチあったからには手術はさけられないでしょう、ともいわれましたが)手術してもらえるなら、ハイデルベルグですぐ、切ってもらいたいたいところだったのですが、逆に今回は説明をうけて、手術なしでも、治せるかもしれないと、期待しています。

というか、もし、手術を納得した形でうけるようになってもそれはそれでいいのですが、これからの6週間、結局手術は受けるのにからだに毒を殺す毒をいれる、という気持ちの持ち方より、癌を根治させるため、と思う方が、ずっと気持ちが良くなる事がわかったのです。

やはり、内蔵をかなり失っているし、腸まで切りたくないです笑

でも、納得した気持ちで明日から治療には入れます。またいろいろお伺いすると思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

小板橋

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, , ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.