01.サポート会員の声(個別)

横行結腸がん(ステージ4。肝転移)患者さんの声|馬渕さん

投稿日:

ありがとうございます。毎回、的確なお返事ありがとうございます。今は大分気持ちも落ち着いております(^^)

父も二回目の酵素風呂を癌仲間のお友達と一緒に行き、その友達も気に入ったようで、なんだかそれからはすごく元気です(笑)

自分で車を運転し(家族から止められてたのが了解を得られ)外に出る機会が増えてきたように思います。

一時期に比べて見違えるようです。

食事の改善はまだ抵抗をしめしておりますが(笑)酵素風呂いったりする間、いろいろ話したり聞いたりして勉強していくと思います。

今いつでもサンダルはいていたのが、山歩き用のスニーカーを最近は毎日履いてるみたいです。

今はそのひとつひとつの変化を素直に喜びたいです。

私は父の側にいって(前ほど付きっきりでいなくてよくなりました)部屋の掃除をしたり、洗濯物をしたり、〇〇届けたり(笑)できることをしています。日々、父の心境を確認しながら。

思えば・・・・・・本村さんのサポートに飛びついた時は父、娘ともども、完全に理性を失い、方向を見失ってたんですね・・・(^^;)大事な選択の時期だったんだということもあり・・・・

良いご縁に導かれたんだと思います。本当に・・・・きっといろんな力に助けられたんだと思ってます。

信じてたはずなんですが・・・・やっぱりいざとなると見迷いますねぇ・・・・・人間って弱い・・・・・

あたしもメンタル弱い・・・(実感) とつくづく自分の見直ししたり・・・・

父ではなく、私の方がグリーンスムージーと肉、乳製品を控えた生活はもう1週間以上なりますが(笑)、今回は同居してる義母も一緒に同じようにしてたので(今までいろんな食事節制は私しかしてなかったのですが、この食事であれば、義母もできるかと思い、一緒なもの食べてました)

「甘いものを夜にすごく探してでも食べてたんだけど、欲しくなくなった・・・ふしぎ」
と言ってました(食べてたんだ・・・知らなかった・・・・)

多分、今脂っこい肉は私の身体がしばらくうけつけないはずです・・・

きっと義母も・・・・息子と主人は言うこと聞きませんが・・・スムージーだけはみんな飲んでます(^^;)ただいま玄米ご飯も開始してます。

もう大丈夫かと思います。

きっと父も兄家族も気づくと思います。

まだこれからいろいろあるかもしれないけど、きっと乗り越えていけると思ってます。

と↑ここまで午前中に書いて、いや、今日大腸検査の結果見るしな・・その後にメール送ろうと思い・・・・メール下書きしたまま、出かけ今日、父は大腸検査を見てきました。

結果

5月頃の黒いのが、ん?見えない・・・・・わりとキレイなんですけど・・・ピンクで・・・・黒いのないし・・・

医者「これが5月ので・・・黒いのがあったんですが、黒いのがないですね・・・キレイになってます。(医大の)キツイ薬なんで効いたのかもしれないですね・・・とはいえ・・・・随分しんどい思いされたみたいですので体力消耗してしまってはいけないので、飲む抗がん治療でこのまま様子見ましょう・・・」

とのこと!!

え?効いたんですか?

医大の先生は小さくはならない、大きくなるのをおさえるだけって言ってましたけど・・・・・抗がん治療?〇〇?〇〇?

なんかよくわからないけど、良かったです!!!

一番、大腸あたりのが大きかったので、ここがおさまれば気持ち的にぜんぜん楽です!!
本もようやく昨日全部読み終えまして、そうだよな・・・そういうものかもな・・・あたし、わからないけど、誰とかわからないけど、そういう大きな力はたまに感じることあるな・・・助けが入るしな・・・やっぱり与えてもらってるんだろな・・・・などとしみじみと思ったり、共感を覚え、ふむふむと気持ちを取り戻し・・・・・そんな中でのこの結果!!

なんていうか、なんていうか、今はちょっと脱力感半分とあ~~良かったすべてムダではなかった・・・っていう思いと・・・・

本村さん、本当にこのご縁に感謝してます!!!!

ありがとうございます!!!!

また、報告しますね!!! \(^^)/

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, , ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.