がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

31.民間療法の研究

がんのイメージ療法(サイモントン療法など)の効果は?

更新日:

がんの代替療法のなかには、メンタルに焦点を当てたものがあります。中心的なものとして「イメージ療法」があります。

癌イメージ療法

イメージ療法とは心の中にイメージを創り出し、それを解釈するために使われる様々な心理技法を指します。これは自らの潜在意識と対話をするための手段と考えられているものです。

【特設ページ】多くの人が・・・

がんを治せない理由。

経験10年の「がん治療専門アドバイザー」による徹底解説。

イメージ療法は、考えや信念、経験を明確に表し、恐怖や将来に対する否定的な考えを「前向きな考えや信念に変える」ことを目的に活用されています。

がん治療で使われるイメージ療法では、その過程の中でがん細胞が破壊されるイメージを思い描かせることによって、患者にがんを克服できるのだと信じ込ませる、というものがあります。

また、攻撃的なものではなく、穏やかなイメージを使うものもあります。平和で快適な情景を心の中にイメージすることに焦点をあてるものです。このような療法はしばしばリラクゼーション、めい想、催眠などと併用されています。

こういったイメージ療法が生まれたのは1970年代です。

主にがん治療にイメージ療法を中心とする精神療法を活用するきっかけを作ったのは、放射線科がん専門医カール・サイモントンさんと、精神療法士ステファニー・サイモントン・アシュレーさん夫妻です。

サイモントン夫妻の78年出版のベストセラー「がんのセルフ・コントロール(創元社)」は、ダラスにあるがんカウンセリング研究センター(カリフォルニア州パシフィック・パリサデスのサイモントンがんセンターの前身)で、イメージ療法、その他の精神療法を使ってがん思考を治療した経験をつづったものです。

その治療は「全人的がん治療」と呼ばれ、「身体・精神・感情のバランスを取り戻すことによって全人的に健康を回復できる」よう考えられています。

その理念は、がん発病に性格的特質・精神的因子が果たす役割について論じた諸説に基づくといわれています。

がん患者さんが士気を高め健康を取り戻し、生柄のその他の領域にも創造的な変化がもたらされるよう、リラクゼーションや精神療法を利用します。概してこの治療法は、従来のがん治療の補助的なものとして位置づけられていますが、この治療によって直接抗がん作用が見られたとする症例報告もあります。

がんのイメージ療法 サイモントン療法とは

サイモントン夫妻が示したイメージ療法はまずリラクゼーションから始まります。

それから患者は心の中に腫瘍を「脆く不ぞろいな柔らかい細胞の塊」として思い描くよう指示されます。

さらに医学的ながん療法が強力で有効な手段で、それによって腫瘍を退縮させ、がんが克服できるのだとイメージします。

同時に、身体に自然に備わった治癒力のシンボルである強力で攻撃的な免疫メカニズムががんから自分の体を守ってくれることをイメージするのです。

具体的には脆弱な悪性細胞を簡単に倒すことができる強力な防御軍として白血球を思い描き、さらに殺された細胞が自然に身体から流し出されて消失することをイメージします。それから健康でエネルギーに満ち溢れ充実した自分の姿を想像する・・・という流れです。

同夫妻はこの一連のイメージ化を1日に3回繰り返すよう教えています。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


がん患者さんに対するイメージ療法の効果は?

サイモントン夫妻によれば、リラクゼーションとイメージ療法の過程で、患者は恐怖・緊張・ストレスを和らげ、物事に対する態度を変え、生きようとする意志を強め、抑うつや絶望感・無力感に立ち向かい、自信を得て楽観的になれるとしています。

さらに身体的変化をもたらし、免疫機能を亢進させ腫瘍の進行を変えることもあるとしています。

その結果、以下の報告のように有意な延命効果も得られたとしています。延命効果については全国平均と自分たちの患者を単純比較した統計に基づいています。

我々は過去4年間、医学的に不治と診断された悪性腫瘍患者159人を治療した。

そのうち63人は今も健在で、診断後の平均生存期間は24.4カ月である。同じような患者の余命の全国平均は12カ月である。全国平均と患者の年齢など構成を合わせて比較すると、生存期間は平均の2倍以上になる。

我々の試験においては亡くなった患者を合わせても、平均余命は20.3カ月であった。言い換えれば、我々の試験で生き残っている患者は、医学的治療しか受けていない患者に比べ、平均で2倍も生きていることになる。

亡くなってしまった患者でさえ、対照群に比べ1.5倍も長く生き延びたことになる(OTA報告書原文からの翻訳)」。

1980年に発表された論文でサイモントン夫妻は、別のがん患者のグループに同様の手法を使いましたが、対照試験ではなく試験的な研究でした。

乳がん・肺がん・結腸がん患者130人のうち、進行がん患者75人を分析対象とし、診断後の生存期間の中央値(患者の半分が亡くなり半分が生存している期間)は、乳がん患者(33人)で35カ月、結腸がん患者(18人)で21カ月、肺がん患者(24人)で14カ月であっと報告しています。

すでに発表されている、同じく転移性乳がん・結腸がん・肺がん患者の生存期間は、それぞれ、16カ月、2カ月、6カ月であることから、サイモントン夫妻は自分たちの患者がこの文献に報告されている患者の2倍も長く生きたとして、その理由を自分たちの行う治療の結果、患者の気持ちが高揚し、治療に対する信頼感が高くなり、全体的に前向きな姿勢を持つからではないか、と報告しています。

サイモントン夫妻の研究法は、生存率に影響を与え得るほかの因子を考慮に入れていないので、リラクゼーションやイメージ療法によって延命効果が得られるという確実な結論を導き出すことはできません。

同夫妻の患者が比較の対象となった患者と身体的・精神的特質がどう異なっていたのかは分からない、という要素もあるので、これらの報告から単純に「イメージ療法は有益だ」ということはできません。

がん患者さんに対する、イメージ療法や精神療法の延命効果は?

イメージ療法やめい想などで腫瘍が退縮したとか延命効果が得られたという逸話のような報告はいくつかありますが、これらの療法を他の患者に使用したときに果たして同じように抗がん作用が得られるかどうかは定かではありません。

一般的にがん治療における精神療法について研究している人たちが関心を払っているのは、そうした療法が抗がん作用を持つかどうかということより、生活の質にどのような影響を与えるかということにあります。

 さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

「病院で治療をしても、治る保証はない」と気づいた人は、他の手段を探し始めます。

それが【混乱の日々】の始まりになります。

自分の選択に自信が持てず「これでホントに合ってるの?」という不安と恐怖。そんな毎日が続くのです。

どのようにがんに向き合い、闘えばがんに勝てるのでしょうか?

がんを治すためには「たった1つの条件」が必要です。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-31.民間療法の研究
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.