02.がんについて

がんは年を取ることでなりやすい病気

更新日:

rojin

私たちは、ふだんからがんや腫瘍という言葉を耳にしています。

腫瘍とはいぼやこぶ状の固まりですが、医学的には「遺伝子の変化によって勝手に増殖するようになった細胞の固まり」と定義されます。

腫瘍には良性と悪性があります。良性腫瘍は成長が遅い、あるいはある大きさで成長が止まるなどの特徴があり、取り除けば生命の危険はありません。

これに対して悪性腫瘍は、成長が速く、大きくなり続けます。さらに転移し、増殖しながらさらに悪性化していきます。しかも、抗がん剤や放射線によって治療すると耐性(抵抗性。徐々に効果が薄れること)が生じるので、治療を行えば行うほどその選択肢は限られていきます。

日本では1981年以降、がん(悪性腫瘍)による死亡が死因のトップになりました。

1年間のがんによる死者数は年々増え続けています。これは第二次世界大戦後に抗生物質が次々に開発されたことにより、結核などの感染症で若くして死ぬ人が減り、平均寿命が延びたことによります。

厚生労働省の統計によると、2009年にがんで死亡した日本人は34万4000人に達し、うち男性が約21万人、女性が約14万人です。またがんを発症した人の数はさらに多く、2005年には男性39万人、女性29万人が新たにがんと診断されています。

日本人が生涯でがんを発症する確率は男性が54パーセント、女性も41パーセントと、2人に1人の割合に達するのです。男女ともがん患者は50歳代から増加し、高齢になるほど高まります。

なぜ高齢になるとがんになる人が増えるのかというと、がんは加齢によって起こる病気のひとつでもあるからです。がんの90パーセント以上を占める「遺伝(家系)とは直接には関係のないがん」は、複数の遺伝子の変化などによって生じると考えられています。

長生きすれば同時に細胞分裂の総回数も増えるので、それらが変異する機会も増加します。さらには加齢によって遺伝子を修復する機能が衰え、変異を来しやすくなります。がんにかかわる遺伝子には加齢の遺伝子と共通なものもあるのです。

そのため、高齢のがんでは余命も考えたうえで治療方針を立てる必要があります。

以上、がんの特徴についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-02.がんについて
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.