02.がんについて

転移・再発しやすいがんはあるの?

更新日:

gan-saihatu

がんには様々な部位・タイプがあり、早いうちから転移や浸潤を始めるがんもあれば、ゆっくりと成長し、あまり転移しないがんもあります。

■早期に転移しやすいがん

早いうちから転移しやすいがんには、乳がん、骨肉腫(骨のがん)、悪性黒色腫(メラノーマ=皮膚がん)などがあります。また周囲の組織に浸潤しやすいがんとしては、女性の卵巣がんや、「スキルス」と呼ばれる特殊な胃がんが知られています。

卵巣がんは卵巣だけでとどまることが少なく、早い段階で子宮に広がり、さらに進
行すると大腸などにも転移します。

転移や浸潤が早く始まるがんは、一般的に再発もしやすいといえるようです。というのも、再発は多くの場合、他の臓器やリンパ節に転移または浸潤したがん細胞が、治療後に患者の体内に残ってしまったときに起こるからです。

そこで、転移や浸潤しやすいがんの場合は、がん細胞が残存しないように手術前または手術後に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療などの補助療法をするのが標準的です。

■再発しやすいがん

食道がんや肝臓がんは再発しやすいといえます。特に血管が網の目のように広がる肝臓内ではがんは広がりやすく、細かな広がりが見過ごされると後に再発することになります。
しかし再発のより大きな原因は、肝臓がんの患者のほとんどが肝炎ウイルス(B型またはC型)に感染していることにあります。手術で完全にがんを取り除いたとしても、肝炎ウイルス(とくにC型)の活動によって肝臓ががんになりやすい状態はそのまま残り、第2、第3のがん(二次がん)が発生することが少なくありません。

これは厳密には再発ではないものの、肝臓がんの場合、再発と二次がんを見分けることは難しく、医学的にも両者を分けることにそれほど意味がないので、二次がんであっても再発と呼ばれます。

早期の発見がむずかしく死亡率の高い食道がんも、広範囲のリンパ節転移や食道内のスキップ転移を起こしやすく、再発しやすいがんです。また食道がんは継続的な飲酒と喫煙がおもな原因となっていることから、これらの生活習慣によって患者の食道の組織ががん化しやすい状態になっています。そのため、食道がんも肝臓がんと同じく二次がんを発生しやすいのです。

■手術の範囲と再発

最初にどんな治療が行われたかもがんの再発率に関係しています。臓器の機能をなるべく温存したい、あるいはその臓器がないと生命を維持できないなどの場合、手術の範囲などは最小限に抑えられます。しかしこのような場合は手術後にがん細胞が取り残される可能性があり、再発率が高くなります。

たとえば直腸がんの手術の際に肛門や排尿、性(勃起。男性の場合)の機能を残したときや、膀胱がんでがん組織のみを切除したときには、その後の"生活の質(QOL)"は高くなるものの、再発の可能性は高くなります。

再発のリスクと臓器の機能をどれくらい残せるか、を客観的に評価して判断しなければなりません。

以上、がんの特徴についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
がん治療専門アドバイザー、本村です。

手術、抗がん剤、免疫、食事療法・・・。

「私のがん治療、これで大丈夫かな?」

と少しでも不安なら。

確認するポイントは1つだけです。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-02.がんについて
-, , ,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.