16.前立腺がん

前立腺がんに使われる抗がん剤「カバジタキセル(ジェブタナ)」

更新日:

前立腺がん抗がん剤「カバジタキセル(ジェブタナ)」

カバジタキセルはドセタキセルが効かない人にも有効

前立腺がんではホルモン療法が効かなくなった場合、抗がん剤のドセタキセルによる化学療法が標準的な治療とされています。

しかし、この化学療法を受ける人には耐性を受けやすく、症状が進行することがあります。

今までは、ドセタキセルによる治療ができなくなった場合や最初から治療効果が認められない場合は、積極的な治療をやめて、疼痛対策などQOL(生活の質)を高めることを中心におく緩和医療がすすめられていました。

しかし、カバジタキセル(商品名:ジェブタナ)によって、新たな治療の選択肢ができたといえます。

がんの細胞分裂を阻害する働き

カバジタキセルは、ドセタキセルと同様にタキサン系の抗がん剤です。

正常な細胞は、臓器が通常の大きさになれば細胞増殖が止まります。しかし、がん細胞は、細胞分裂を繰り返して増殖することをやめず、増殖のスピードが速いことが特徴で、それをターゲットにして治療するのが抗がん剤です。

カバジタキセルは、微小管脱重合阻害薬と呼ばれる種類の薬です。微小管は、細胞の中にあって寄せ集まることで(重合)、細胞分裂時のDNA複製など重要な役割を果たします。その後、寄せ集まった微小管は再びバラバラの状態に戻り(脱重合)、細胞分裂は完了します。

この脱重合の過程を阻害すれば、がん細胞は分裂できずに死滅するという考え方で、薬が開発されました。ドセタキセルも作用機序は同じですが、前立腺がんの細胞は、ドセタキセルを細胞外へ排出することで耐性が生じる一方で、カバジタキセルは細胞外へ排出されないために効果をあらわすと期待されています。

この薬の有効率は3~5割くらいで、治療を受けた半分くらいの人に効くと考えられています。

骨髄抑制がほぼ出現、厳しい副作用がある

副作用としては、疲労感、口内炎、むくみのほか、微小管は神経細胞にも作用するので、しびれが出ることもあります。特に骨髄抑制(白血球、血小板の減少)がほぼすべての人に出現し、発熱性好中球(白血球の一種)減少などの厳しい副作用のリスクがあります。

厳しい副作用が出ることがわかっているので、抗がん剤治療の実績がある医療機関で受けることが重要です。

副作用がつらいときは、主治医に相談しましょう。治療を休んだり、投薬期間を短くするなどを検討してもらいましょう。

・重度の白血球減少(感染症への抵抗力が著しく低下する)は、ほぼ全員の患者さんに起こります→白血球を増加させる薬剤を投与します

・発熱を伴う好中球減少が約半数の患者さんに起こります→すみやかな抗生剤投与などの治療が必要です

カバジタキセルの治療費などについて

・1回の薬代は約60万円(3割負担の場合18万円)。

・通常、ステロイド薬を併用します。デキサメタゾン(商品名:デカドロン)またはプレドニゾロン(商品名:プレドニン)が選択されます。

・70歳代までで体力のある人に適用します。80歳代なら、厳しい副作用があるため、治療そのものに耐えきれないかもしれません。

・カバジタキセル、アビラテロン、エンザルタミドによる治療について、薬の選択順位は確立されていません。薬の選択や使い方については、新たな課題となっています。

以上、前立腺がんの抗がん剤治療についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-16.前立腺がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.