20.悪性リンパ腫

悪性リンパ腫「ホジキンリンパ腫」の造血幹細胞移植

更新日:

hospi77422

造血幹細胞移植には大きく分けて、自分の造血幹細胞を移植する自家造血幹細胞移植と、他人(ドナー)の造血幹細胞を移植する同種造血幹細胞移植があります。

当初より放射線療法あるいは化学療法の効果が見られない例、あるいはいったん完全寛解の状態になった後に再発した例に対しては、ABVD療法以外の化学療法が考慮されます。

しかし、年齢(おおむね65歳以下)、内臓障害がないなどの条件が満たされれば、自家造血幹細胞移植も積極的に選択されます。実際、再発例に対しては、自家造血幹細胞移植のほうが化学療法よりも優れた治療効果を示すとの結果が報告されています。

同種造血幹細胞移植については高い治療効果が期待できる反面、合併症などの危険性が高いことから、まだ広く行われていません。しかし、合併症の予防や管理についても進歩しているため、今後は難治例を中心に同種造血幹細胞移植を行う例が増えてくる可能性があります。

治療終了後のケア

治療によって完全寛解の状態になった場合は、定期的な経過観察になります。通常は血液検査と診察を毎月行い、さらに、3~6ヵ月ごとにCT検査を行って再発の有無について調べます。

完全寛解が維持されていれば、2年目以降のCTの間隔は延ばされることがあります。なお、CTでの評価が難しいときはPET検査を行います。

また、放射線療法や化学療法が終了してから数年目以降に、急性白血病、がん、心臓病、肺障害などの晩期障害が出現することがあるので、注意を要します。

ホジキンリンバ腫の治療成績

ホジキンリンパ腫の治療成績は、治療法の進歩により向上してきました。5年生存率は「早期」では90%を超え、「進行期」でも70%以上となっています。

また、最も進行したⅣ期に限っても、50%を超える10年生存率が示されています。従って、充分な治療効果を期待することのできる病気であるといえます。

ただし、ホジキンリンパ腫の場合は、化学療法や放射線療法が原因となる発がんや心臓病なども、予後のうえで大きな問題となります。実際、これらの晩期障害による死亡者数は、治療終了後15~20年以上経過していても増加する傾向があります。

しかし、ABVD療法が中心になってきたことや広範囲の放射線照射を行うことの減少によって、今後は晩期障害を起こすリスクも低下してくるものと期待されています。

以上、ホジキンリンパ腫の移植治療ついての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-20.悪性リンパ腫

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.