いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

06.食道がん

食道がんを発見するための検査の流れ

更新日:

syokudogan-kensa

「発見しにくい」といわれている食道がんですが、最近は人間ドックを受ける人々が増え、症状のない早期の食道がんで発見されるケースが増えてきました。

人間ドックなどの検診で食道がんが疑われると、精密検査となって専門の診療科を受診することになります。

ここで行われる検査は「内視鏡検査」が基本です。ヨード液を食道粘膜に散布してがん細胞を確認するのです。正常細胞は茶色に染まりますが、がん細胞は染まらないという特徴を活用してがん細胞を見付けます。

しかしこのヨード液を使う検査は、検査後に胸焼けが続くことで患者にとっては苦しい点があります。そこで、今は「NBI(ナローバンドイメージング)」という方法を用いて検査する医療機関が増えています。

NBIは光学的に特殊な操作を加えて血管の中の赤血球を見えやすくし、血管の乱れを判別することで食道がんの有無を調べる方法です。

最も見逃されやすいのは下咽頭から頸部にできる食道がんですが、そこにはヨード液をかけることができません。患者がむせて咳き込んでしまうからです。内視鏡を挿入するにも、ここでゆっくりしていると咽頭反射を起こし、やはり患者は辛い思いをします。

しかし、NBIの場合、内視鏡の画面は一瞬に変わり、問題なく確認できます。NBIで見ておいて、さらにその血管網を拡大すると非常によく分かるとされています。今日の食道がんの検査ではNBIは必須だといえます。

そして、がん細胞の深さを知るには「超音波内視鏡検査」が行われます。内視鏡に超音波装置をセットして、がん部分に超音波を当てて調べる方法です。また、リンパ節や周囲の臓器への転移の有無を調べるには「CT(コンピュータ断層撮影)検査」や「MRI(磁気共鳴断層撮影)検査」が用いられています。

食道がんの場合、早い段階から転移があるので思わぬ遠隔転移があるということも否定できないため、全身の転移状況を調べる「PET(陽電子放射断層撮影)検査」も活用するケースがあります。

以上、食道がんについての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-06.食道がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.