がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

07.乳がん

乳がん、末期になったときにどう過ごすかの選択肢

更新日:

乳がん、末期になったときにどう過ごすか

がんは徐々に患者の体力を低下させるものの、最期の1~2ヵ月までは普通に生活ができて、その後急速に重篤になるケースが多い病気です。

この最期の時期(近年ではターミナル期といいます)をどこで、どのように過ごすかを考えておかなくてはなりません。

最近では次の3つが主な選択肢とされるようになりました。

1.乳がん治療を受けた病院でターミナル期(終末期)の医療を受ける
2.緩和病棟もしくはホスピスで過ごす
3.在宅で過ごす

やはり今もまだ、1のタイプの施設で最期を迎えるケースが多いようです。しかし、最近は治療策が尽きると主治医から暗にホスピスへの転院を勧められるケースが多いです。また、2のホスピスや緩和病棟というと、一般には看取りの施設というイメージが強いので拒否されることも少なくありません。

ホスピスに入院するということがわかると、最後通告を突きつけられたようなショックを覚える人も多いですが本来、ホスピスは緩和ケアを中心にした施設で、患者の心身の苦痛に対応する医療を提供することを目的としたものです。

ホスピスや緩和病棟は数が多くなく、ベッド数も限られています.通常、病室が個室になるため費用が多くかかり、患者や家族の負担も重くなります。

また、原則、ホスピスや緩和専用病棟に転院すると健康保険の制度上、治癒目的の積極的治療は受けられないということも知っておかなければなりません。

最近は、3の在宅でも緩和ケアを受けることができます。終末期の在宅での緩和ケアは疼痛(痛み)の管理が主体になりますが、介護保険を申し込めば介護サービスも負担が少なく受けられます。

在宅療養はうまく在宅医療を利用すると緩和ケアと介護サービスを安価に利用でき、病院に入院するより概して負担が少なくてすむようです。

ただし、家族への負担が大きいのも事実です。病人を最期まで看取るという覚悟はもちろんですし、室内環境や訪問医や看護師など、医療関係者との円滑なコミュニケーションを築く必要性など、実現するための条件はいくつもあります。

よって、これらを整えられる家庭となると、やはり限られてくるのが現状です。

以上、乳がん末期の対応についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

たった1つの条件とは

本村ユウジ
あなたが、がんに勝てるように。お手伝いができます

お金、苦痛のない日常、人生、命。

大切なものを守るためには、絶対に欠かせない条件が「1つだけ」あります。

5分で読めるページです。答え合わせしませんか?

→ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「誰が本当のことを言っているのか分からない」

矛盾だらけのがん治療。

本当のことを知るために、書籍を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

医者には書けないガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読めば、「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

「もう耐えられない。告知される前の人生に戻りたい」 これは私が実際に聞いた、乳がん闘病中の女性の言葉です。 絶え間ない再発への不安。 苦痛をともなう手術、抗がん ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-07.乳がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.