07.乳がん

乳がん、末期になったときにどう過ごすかの選択肢

更新日:

乳がん、末期になったときにどう過ごすか

がんは徐々に患者の体力を低下させるものの、最期の1~2ヵ月までは普通に生活ができて、その後急速に重篤になるケースが多い病気です。

この最期の時期(近年ではターミナル期といいます)をどこで、どのように過ごすかを考えておかなくてはなりません。

最近では次の3つが主な選択肢とされるようになりました。

1.乳がん治療を受けた病院でターミナル期(終末期)の医療を受ける
2.緩和病棟もしくはホスピスで過ごす
3.在宅で過ごす

やはり今もまだ、1のタイプの施設で最期を迎えるケースが多いようです。しかし、最近は治療策が尽きると主治医から暗にホスピスへの転院を勧められるケースが多いです。また、2のホスピスや緩和病棟というと、一般には看取りの施設というイメージが強いので拒否されることも少なくありません。

ホスピスに入院するということがわかると、最後通告を突きつけられたようなショックを覚える人も多いですが本来、ホスピスは緩和ケアを中心にした施設で、患者の心身の苦痛に対応する医療を提供することを目的としたものです。

ホスピスや緩和病棟は数が多くなく、ベッド数も限られています.通常、病室が個室になるため費用が多くかかり、患者や家族の負担も重くなります。

また、原則、ホスピスや緩和専用病棟に転院すると健康保険の制度上、治癒目的の積極的治療は受けられないということも知っておかなければなりません。

最近は、3の在宅でも緩和ケアを受けることができます。終末期の在宅での緩和ケアは疼痛(痛み)の管理が主体になりますが、介護保険を申し込めば介護サービスも負担が少なく受けられます。

在宅療養はうまく在宅医療を利用すると緩和ケアと介護サービスを安価に利用でき、病院に入院するより概して負担が少なくてすむようです。

ただし、家族への負担が大きいのも事実です。病人を最期まで看取るという覚悟はもちろんですし、室内環境や訪問医や看護師など、医療関係者との円滑なコミュニケーションを築く必要性など、実現するための条件はいくつもあります。

よって、これらを整えられる家庭となると、やはり限られてくるのが現状です。

以上、乳がん末期の対応についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-07.乳がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.