07.乳がん

乳がんと女性ホルモンの関係

更新日:

乳がんと女性ホルモンの関係

日本女性の場合、乳がんの6割は女性ホルモン(エストロゲン)やプロゲステロンによって増殖するがんです。

発がんそのものは別の因子で起こっても、細胞分裂の加速(プロモーション)が女性ホルモンによって促される、ということです。このため、次のような条件の女性は女性ホルモンにさらされる期間が長くなるため、乳がんにかかるリスクが普通の女性より高いと言われています。

・初潮が早い
・出産をしなかったか、出産年齢が遅いか、出産回数が少ない
・閉経が遅い

乳がんには様々なタイプ(ホルモン感受性が高いかどうかなど)がありますが、そのタイプは手術によって切除したがん組織の病理検査によってわかります。女性ホルモンによって増殖した乳がんとわかった患者に対しては、女性ホルモンの分泌を抑制する療法(ホルモン療法)が行われます。つまりがんが増殖するための源を断つ治療になります。

それならば閉経後の女性は、乳がんのリスクが低くなるはずですが、現実には閉経後に属する50歳代後半、60歳代も決して乳がんの罹患率が低くありません。

それはなぜかというと、ひとつには、乳がんがそれと診断できるまでに10年~20年もの時間がかかり、結果的に女性ホルモンにさらされている期間は若い年齢層と同様になるという理由が挙げられます。

そしてもうひとつは、脂肪組織です。卵巣から分泌される女性ホルモンが減るかわりに、閉経後に増える脂肪組織にアロマターゼというエストロゲンを分泌する酵素が増えます。そのため、閉経後の肥満は乳がんを引き起こす可能性があるので、要注意ということになります。

また、このような理由から女性ホルモン依存性の閉経後の女性の乳がんに対しては、アロマターゼを阻害するホルモン治療が第一選択となります。

以上、乳がんと女性ホルモンについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-07.乳がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.