17.膵臓がん

膵臓がんに関する血液検査と腫瘍マーカー

更新日:

膵臓がんに関する血液検査と腫瘍マーカー

膵臓がんの疑いがある場合は、まずはじめに苦しくない楽な検査、つまり血液検査、腫瘍マーカーの検査、さらには腹部超音波検査を行います。

これらの診断で異常がみつかれば、さらに精密検査を行うことになります。

血液検査

血液検査(血液生化学検査)とは、血液を材料に体内の異常を調べる検査のことです。

この検査はとても重要な検査です。膵臓がんがあると膵液の流れが悪くなり、膵臓の酵素が血中へ逸脱するため、血中膵酵素(アミラーゼ、リパーゼ、エタスターゼーなど)の上昇が起こることがあります。

また、膵臓がんになると糖尿病が悪化することがありますので、血糖値の変動には十分な注意が必要となります。さらに、ビリルビン値が高かったり、肝機能異常を認める場合は、胆汁の流れ道である胆管になにか異常が疑われます(膵頭部がんの胆管浸潤など)。

腫瘍マーカー

体内に腫瘍ができると、健康なときにはほとんど見られない特殊な物質が、その腫瘍により大量につくられ、血液中にあらわれてきます。

この物質を腫瘍マーカーと呼びます。

血液検査をして、このマーカーとなる物質の血液中の濃度を測定することによって、腫瘍の存在を疑うことができます。がんの種類によって、異常を示す腫瘍マーカーの種類は異なります。膵臓がんの腫瘍マーカーにはCA19-9、CEA、Span-1、Dupan-2などがあります。
特にCA19-9は膵臓がんの代表的腫瘍マーカーであり、2cm以下の小さな膵臓がんでもCA19-9の陽性率は約50%に上ります。しかし、逆に言えば、膵臓がんがあってもCA19-9が陰性に出ることもありますので注意を要します。

また、胆嚢炎や胆管炎、胆管結石など、胆汁の流れ道になんらかの病気がある場合でも数値が高くなることもあります。こうなると、CA19-9の意味がわからなくなりますが、いずれにしてもCA19-9が非常に高い場合には膵臓がんの疑いが濃厚だということです。

以上、膵臓がんの血液検査についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-17.膵臓がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.