がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

17.膵臓がん

膵臓がんが進行したときに起きる症状とは

更新日:

 

膵臓の構造

膵臓の構造

 

膵臓がんは、膵管の表面にある上皮細胞から発生し、大きくなれば簡単に膵臓外の組織や臓器に浸潤し、転移する可能性も高くなります。

膵管内あるいは膵臓内にとどまっている、いわゆる"早い段階"の膵臓がんでは、多くの場合、症状は見られません。逆にいえば「なんらかの症状」が現れた場合は、多くの場合で、すでに膵臓がんが進行した状態であるということです。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

進行した状態の膵臓がん

膵臓がんが大きくなると、がんは膵臓の外に出て、がん細胞は簡単に門脈や神経、リンパ管、胆管内に入ります。このために、膵臓がんは胃がんや大腸がんと較べると周囲に広がりやすく、リンパ節転移や神経浸潤を起こすリスクが高くなります。

また、門脈内に入ったがん細胞は、すぐに肝臓に到達し、そこで徐々に発育します。これが「肝転移」です。このように、進行した状態の膵臓がんは、リンパ節転移や神経浸潤、肝転移などを起こしやすいがんだということです。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


膵臓がんのできる部位と膵臓がんでよく見られる症状

膵臓がん全体では、腹痛が約40%、黄疸が約15%、次いで腰痛、背中痛、体重減少などが見られますが、がんのできる部位によって症状が異なることに注意が必要です。また、糖尿病の新たな発症あるいは急激な悪化も膵臓がんを疑うきっかけとなります。

これらの症状が出現した場合は、すでに進行した状態のがんである場合が多いのが現状です。また、膵臓がん診断時にまったく症状のないケースも12%と決して少なくありません。

膵頭部にできたがんの場合の症状

膵頭部にできたがんの1番の特徴は「黄疸症状」が出ることです。これは、がんによって膵頭部の後ろから内部を走っている胆管が狭くなったとき、あるいは閉塞(閉じてふさがること)したときに現れます。

膵頭部がんの約60%にこの黄疸症状が出現するとされています。膵頭部がんでは、そのほか、腹痛が約60%、体重減少が約50%に見られます。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


膵体部や膵尾部にできたがんの場合の症状

一方、膵体部や膵尾部にできたがんの場合は、なかなか症状が出にくく、見つかったときにはかなり進行した状態であることが特徴です。症状としては食欲不振、腹痛、背部痛、体重減少などがありますが、中でも特徴的なのが背部痛です。

膵体尾部は背中の方に位置しており、その周囲には多くの神経が走っています。つまり、膵臓はわずか一面程度の薄い臓器ですので、がんができるとすぐに背中の方の神経に浸潤してしまいます。非常に頑固な背部痛は膵体部や膵尾部のがんの特徴といえます。

膵体部や膵尾部のがんで注意しなければいけないのは、なんとなくおなかや背中が痛いとか、なんとなくだるい、食欲がない、などの不定症状(非特異的症状)が多いことです。これらの症状があるからといって、それらが必ずしも膵臓がんの症状というわけではありません。

しかし、胃の検査などで異常なしとの診断が下され、気休めに胃薬を内服している間に膵臓がんがどんどん進行してしまうということがあります。症状がでたときに、ほかのはっきりした原因がなければ膵臓がんの疑いを持つことも大切だといえます。

糖尿病の新たな発症や、血糖の急激な悪化は要注意

糖尿病と膵臓がんには明らかな関係があり、糖尿病患者がそうでない人に比べて高い率で膵臓がんを発症しやすいことがわかっています。

膵臓は血糖値をコントロールするホルモンを分泌する臓器ですので、糖尿病の新たな発症や急に血糖コントロールが不良になった場合は、膵臓がんの発症を疑う大きな目安になるといえます。

膵臓がんは症状が乏しいため、日頃から血糖値を意識することが大切です。特に体重増加や過食などの原因がないにもかかわらず、糖尿病を新たに発症したり、治療中に悪化したりした場合には、膵臓のなんらかの異常を疑う必要があるといえます。

以上、膵臓がんの症状についての解説でした。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-17.膵臓がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.