いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

08.子宮頸がん

子宮頸がんで使われる薬(抗がん剤)の種類と名前

更新日:

子宮頸がんで使われる薬

子宮頸がんの薬物療法の軸は、プラチナ製剤のシスプラチンです。

シスプラチンは抗がん剤でも強力な部類に入る薬で、効果が高い一方、吐き気やおう吐をはじめ、腎機能障害、骨髄抑制などさまざまな副作用が出やすく、症状も強いという難点があります。したがって、シスプラチンを用いる場合は入院治療で行うのが一般的です。

子宮頸がんでは、シスプラチンを単独で用いる場合と併用する場合があります。併用薬には多くの場合、パクリタキセル、フルオロウラシル、イリノテカンなどが選ばれます。

組み合わせる抗がん剤として最も有効とされているのは、パクリタキセルです。比較的副作用が少なく、QOLがさほど低下しないことから、シスプラチンとパクリタキセルを併用する「TP療法」が世界的に推奨されています。

シスプラチンの代わりにカルボプラチンを併用する「TC療法」も臨床試験の結果、標準治療になりました。このほかに、イリノテカンを併用する「CPT-P療法」も一部の施設では行われています。

転移・再発がんでも手術や放射線療法で病巣が抑えられるなら、それらの治療をします。それが難しい場合で全身状態が悪くないときは全身化学療法が行われます。その場合、シスプラチンを含む2剤併用療法か単剤での治療となります。

最近では内服薬のS-1も子宮頸がんに過応が拡大されて使えるようになり、少しずつですが選択肢の幅が広がっています。

同時化学放射線療法で使う抗がん剤も、シスプラチンが標準治療になっています。通常量より少ない量を用いるので、副作用は比較的軽くてすみます。

パクリタキセルについては、日本では長らく健康保険の適用となっておらず、使うことができませんでしたが、TPUSTU比較試験の結果をふまえ、標準治療と位置付けられました。シスプラチンの代わりに、同じプラチナ製剤のカルボプラチンやネダプラチンが使われることもあります。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


子宮頸がんによく使われる薬

<抗がん剤>

・プラチナ製剤
シスプラチン(CDDP):製品名ブリプラチン、ランダ
カルボプラチン(CBDCA):製品名パラプラチン
ネダプラチン(NDP):製品名アクプラ

・代謝拮抗薬
フルオロウラシル(5-FU):製品名5-FU
テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(S-1):製品名ティーエスワン

・植物アルカロイド
イリノテカン(CPT-11):製品名カンプト、トポテシン
パクリタキセル(PAC):製品名タキソール

以上、子宮頸がんの抗がん剤治療についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-08.子宮頸がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.