いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

03.胃がん

胃がんステージⅡ期、Ⅲ期の標準的な治療法とは

更新日:

igan_kouganzai

胃がんがステージ(病期)Ⅱ、Ⅲという進行がんの状態になると手術に抗がん剤治療が加わるのが標準治療です。手術で胃がん部分をすべて切除したと思っても、肉眼で見えないがんが残っている可能性があるので、それを抗がん剤で叩こうというのが目的です。

Ⅱ、Ⅲ期では手術だけで治療を終了するよりも、手術後に抗がん剤治療(術後補助化学療法)を行った方が生存率が高まることが臨床研究で示されています。抗がん剤治療の期間は一年間とするのが基本です。

胃がんの術後補助化学療法を標準治療にしたきっかけとなる研究は次のとおりです。

①「Ⅱ、Ⅲ期の患者で手術だけをした」グループと②「Ⅱ、Ⅲ期の患者で術後に抗がん剤の「TS-1」を1年間服用した」グループを比較しました。すると、3年後の生存率は①が70.1%だったのに対し、②は80.5%と、術後補助化学療法の上乗せ効果を認める結果となったのです。

術後1年間のTS-1の服用法は、4週間服用したあと次の2週間は服用を休む、というクールを繰り返すものです。TS-1は飲み薬なので、点滴薬とは違って患者の日常生活に支障をきたすことはありませんが、副作用は避けられません。

TS-1の副作用としては「食欲の低下」「吐き気」「下痢」「腎障害」「白血球減少」などがあるため、患者さん全員が1年間TS-1を服用できるとは限りません。途中で服用をやめる人、服用量を減らす人もでてきます。ステージⅡの人には半年の服用ではどうか、という研究も続けられています。

このようにステージⅡでは術後補助療法の期間が将来は短縮する可能性もありますが、ステージⅢの患者に対する術後補助化学療法はTS-1のみならず、もう1剤抗がん剤を加えるべきという声があがってきています。

さらに、胃がんの治療では、抗がん剤を手術の前に行う「術前補助化学療法」の実施も検討されています。

以上、胃がんの治療についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-03.胃がん
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.