08.子宮頸がん

子宮頸がんは性感染症ではない

更新日:

子宮頸がんの原因となる発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性交渉によって感染します。セックスで感染すると聞くと、子宮頸がんも性感染症なのではと誤解しがちです。

しかし、発がん性HPVは80%以上の人が生涯に1回は感染するとされているので、だれもがかかる風邪のようなものだといえます。感染しても自覚症状はなく、子宮頸がんの発症は非常にまれなので、子宮頸がんを性感染症というのは誤りです。

HPVの感染はだれのせいでもありません

パートナーが多いと、それだけいろいろな型のHPVにさらされることになります。自分の免疫力でうまく排除できないHPVに出会ってしまうリスクも高くなるでしょう。

しかし、たった一度の性交渉で発がん性の高いハイリスクHPVに感染することもあります。また自分が、過去も現在も1人の相手としか性交渉を持っていなくても、相手がそうでなければ、ハイリスクHPVに感染する可能性はあります。

HPVの感染は、どちらがうつしたとかうつされたなどは問題ではありません。いつどのようにして感染したかを調べる方法もありませんし、調べる意味もありません。子宮頸がんは、ほとんどの女性が同じように発症する可能性のある病気だといえます。

しかし、子宮頸がんを性感染症だと思い込んでいる人も多く、子宮頸がんになったことをパートナーに非難され、深く傷つく女性はあとをたちません。また反対に、自分にHPVを感染させたのはこの人だと思い込んで、パートナーに対して信頼感が持てなくなるなどのトラブルもみられます。

そうなると、子宮頸がんと向き合うだけでも大変なときに、家族の気持ちがバラバラになり、つらい状況におちいってしまいます。誤解がある場合には、医師から正しい子宮頸がんの説明を受けましょう。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-08.子宮頸がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.