がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

16.前立腺がん

前立腺の役割。その働きと機能

更新日:

前立腺の役割。その働きと機能

前立腺の場所は膀胱の真下、恥骨の後ろ

前立腺は男性だけにある生殖器の一つであり、精嚢、精巣上体などとともに副性器と呼ばれます。膀胱から出た尿道を取り囲むように、膀胱の真下に位置しており、前に恥骨、後ろに直腸があり、両者にはさまれた格好です。

膀胱と前立腺、直腸にはさまれている精嚢と精管が前立腺の背側に続いています。通常、横幅3.5cm以内、尿道を囲んでいる部分(天地)3cm以内、奥行き2.5cm以内でやや横に長く、重さは15~20g。大きさや形から、くりの実によく例えられます。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

膀胱から出た尿道は、前立腺の中央を突き抜けて陰茎に向かって伸びています。前立腺の下部には、恥骨と肛門を結ぶ尿道括約筋があり、尿道はこの中も通っています。

この尿道括約筋と膀胱出口の膀胱括約筋、いわゆる内尿道括約筋の働きによって尿道を締めて、尿が膀胱からもれ出ること(尿もれ)を防いでいます。

肛門から、人さし指の第二関節程度まで(5~6cm)直腸に入れると(直腸診)、直腸壁越しに前立腺の様子がわかります。前立腺がんの一部は直腸に接している部位にできるため、直腸診によって発見したり、進行度を診断したりすることが可能です。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


精子に栄養を与え、保護する前立腺液を分泌する

前立腺のおもな働きは、前立腺液の分泌です。前立腺液は精液の一部となり、精子に栄養を与え、保護する役目があります。

前立腺液の成分のうち、精子の運動を促し、細菌などから守っている栄養素は亜鉛です。クエン酸は精子に加わる物理的な衝撃をやわらげる緩衝材として、精子を保護します。果糖は精子のエネルギー源として重要な栄養となります。

この他、前立腺液には酸性ホスファターゼ、スペルミン、マグネシウム、カルシウムなどが含まれていますが、働きがすべて解明されているわけではありません。

前立腺は生殖の一部を担っていますので、子どもが欲しい男性には重要な臓器ですが、それ以外の男性はなくてもとくに困りません。前立腺がんが見つかり、手術ですべて取り除いてしまう治療を受けても、体の維持や男らしさの維持には変化を与えません。

手術の際は、前立腺の中を貫いている尿道は、いったん切って前立腺を摘出したあとで再びつなぎます。精管も途中で切断し、精嚢は前立腺と離して残すことが困難なため、前立腺と一緒に摘出することとなります。したがって、男性機能(勃起能力)は維持されても、子どもをつくることは不可能になります。

前立腺はテストステロンなどの男性ホルモンに支配される

前立腺の成長には男性ホルモンがかかわっており、前立腺の働きを維持しているのも男性ホルモンです。男性ホルモンの95%は精巣(睾丸)で、5%は副腎でつくられています。

男性ホルモン全体をアンドロゲンと呼びますが、そのうち精巣でつくられるものをテストステロンといいます。テストステロンの生成や分泌は、LH(黄体化ホルモン)、LH-RH(黄体化ホルモン放出ホルモン)といったホルモンによってコントロールされています。

LHは脳の下垂体から分泌されるホルモンの一つです。男性では精巣に働きかけてテストステロンをつくらせます。ちなみに女性でも分泌されていますが、女性の場合は、卵巣に働きかけて黄体ホルモン(プロゲステロン)をつくらせます。

いずれも生殖にかかわるホルモンなので、LHは性腺刺激ホルモンとも呼ばれています。一方のLH-RHは、LHの放出を促すホルモンで、脳の視床下部から分泌されています。

前立腺の細胞は、男性ホルモンの分泌が活発なほど増殖します。いわば、男性ホルモンというエサを食べて大きくなるのです。男性ホルモンの影響を受けるのは前立腺の正常な細胞だけでなく、がん細胞がある場合は、がん細胞も増殖して広がってしまいます。

前立腺がんのホルモン療法として、精巣(睾丸)摘出や、LHの分泌を抑える薬剤を用いるのは、このような働きやしくみを利用したものです。

以上、前立腺がんに関する解説でした。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-16.前立腺がん
-, ,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.